第21回 産まれました!/瀧上伸一郎(流れ星)連載

2016/10/15

どうも流れ星の瀧上です。
あ、このあいだ子どもが産まれました。
豚が好き過ぎて急に養豚場で働くぶっ飛んだ嫁の事なので豚が出て来たらどうしようかと思いましたが、ちゃんと人間が産まれてきました。
メス…いや女の子です。
パパになりました。
パパ上です。
俺がパパですわ。笑ってしまいます。信じられないです。
合コンで、そうでもない女の子を磁石の永沢と取り合いしていた昔がウソみたいです。

そんな僕は今このコラムを書きながら赤ちゃんの名前を色々考えています。
このあいだ僕も嫁も気に入った和風で可愛く、字画も良い名前を考えついたんですが、嫁のお義母さんにその名前を伝えたら反対されました。
まさかのお義父さんの浮気疑惑(あくまで疑惑ですよ! 僕はお義父さんは浮気なんてしてないと思っておりますです! ただの疑惑です!)のある女性と一緒の名前だったみたいです。

いやどんな偶然だよ!!
そんな角度からの反対は流石に想定外でしたわ!

しかし産まれてきた赤ちゃんは本当に凄い子です。
いや親バカとかじゃなくて!
何個もの奇跡が重なって凄いタイミングで産まれてくれたんです。

1つ目の奇跡は、最近僕は仕事で地方での外泊がめっちゃ多いんですが、赤ちゃんが産まれた日はたまたま僕が東京に居た日でした。
もうその日以外は全て地方にいってる位のスケジュールです。

2つ目の奇跡は前期破水した事。

僕らが予約していた病院は自宅から電車で30分はかかるちょいと遠い所にある病院だったので、陣痛が起きて病院に駆けつけても“まだ早い”と言って追い返されたりしたら大変だね!みたいな話を嫁としていたんです。
そしたら嫁が朝、急に破水しました。
後から聞いたら前期破水という陣痛の前にする破水の事で珍しい事でも無いらしいんですが、僕らは相当驚きまして、僕はとりあえず何故か熱いシャワーを浴びて髪の毛セットしたり、嫁は嫁で破水してお尻ビシャビシャなのにネズミ色のワンピースを着てお尻周りに大きなシミを作った状態でタクシーを待たせてコンビニで立ち読みをしたり、二人ともかなりのパニック状態でした。
この前期破水の場合、感染等を防ぐ為、そのまま追い返される事無く入院出来るんです。
もしただの陣痛だったら多分追い返されていたと思います。

3つ目の奇跡は前期破水のタイミングが朝8時だった事。

その日は昼から仕事が入っていたんで、ちょうど嫁を病院までタクシーで送って入院させてから仕事に行けました。
この“朝8時”というのが絶妙でした。破水が昼以降からだったらアウトだし、8時前だと僕が眠いし。笑

4つ目の奇跡は立会い出産が出来た事。

前期破水した場合、その日に産まれるのは稀で、2日以内に陣痛が始まるとの事でした。
もう“その日”以外は地方で仕事だったので立会い出産は諦めていました。
でも前期破水からすぐに陣痛が始まって“その日”産まれる事に!
夜のライブはお休みして(来てくれた皆さんすいませんでした!)病院に駆けつけました。

5つ目の奇跡は超安産だった事。

僕が病院に駆けつけて15分程で産まれました。
ヌルンッ!
て感じで出て来ました。
後から聞いたら産まれるまで丸2日踏ん張り続ける妊婦の方もいるんだとか。

そして6つ目の奇跡。

おかずクラブのオカリナと同じ誕生日みたいです。

何か不安だわ!!

 

 




こいつを抱く時緊張しますわ