朝ドラ偏愛マンガ家がお届け!今週の『べっぴんさん』第5回「旅立ちのとき」

NHK

2017/3/1

 朝ドラ『べっぴんさん』の1週間分のストーリー&見どころを、朝ドラ大好き漫画家きっかさんがお届け! これまでの「あらすじ」をおさらい。見逃してしまった人は要チェック!

 大好きな喜代さんが忠さんと冒険の旅に出てしまい、喜代ロスさめやらぬきっかです。そして20週は子供たちの旅立ちの回でもありました。

 母との別れ際、すみれが伝えた「もらった人が心から喜んでくれるような、想いを伝えられるような、そういうべっぴんを作る人になりたい」

この言葉を今度は娘のさくらがすみれに伝えました。

 また、転び芸でおなじみの(?)忠さんでしたが、喜代さんに支えられて転ばなくなったり、初回からべっぴんさんを見ているとわかる、感慨深いシーンがありました。

 良子ちゃんはキアリスのメンバーの中でも一番子育てに悩んできたので

「お母ちゃんは自分のやりたい事を、やるべき事をやる人生を見つけた。俺はそんなお母ちゃんをかっこいいって思ってる。俺は、型紙切ってる時のお母ちゃんが一番好きや。俺もそんなふうに生きたいんや。」

 龍一がそんな風に思ってたなんて、きっとこの時初めて知ったでしょうし、嬉しかったと思います。

 ずっと明美さんに片思いしていた武ちゃんの失恋…これは本当にさみしかったです。この2人うまくいってほしかったなぁ~~

自分の子どもを採用することに最初は反対のすみれたち。
「社員の士気が下がる。どんなに頑張っても社長や役員の子にはかなわへん。そんなふうに思うたら頑張るのもアホらしくなるかもしれん。」
紀夫の言葉、説得力がありました。

 しかし、さくらたちと同期の新入社員、阿部くんは本当にいい子ですね。この前向きさ、見習いたい!

 今回は2週間分の「べっぴんさん」みどころを語りましたが、その中でもひそかにツボだったのは「ウチ ダァイキュウですから!」でおなじみの、小山氏が大急百貨店の社長になっていたことです。笑(というか小山氏の名前、小太郎だったんですね!!)

 やる気と実力が認められて、採用となったさくらと健太郎ですが、先輩たちは快く思っていないようす。そして二人の社内恋愛(?)の行方は…?? 次回は「べっぴんさん」22週目の見どころをご紹介します。お楽しみに!