朝ドラ偏愛マンガ家がお届け!今週の『べっぴんさん』第6回「母の背中」

べっぴんさん

2017/3/9

 朝ドラ『べっぴんさん』の1週間分のストーリー&見どころを、朝ドラ大好き漫画家きっかさんがお届け! これまでの「あらすじ」をおさらい。見逃してしまった人は要チェック!

 子供用のワンピースをデザインするさくらですが、「なんかちがう」「涙色は?」などフワッとしたアドバイスしかもらえず、具体案がわからずに悩みます。

 すみれの「なんかな」は何かをひらめいた時に出るセリフですが、この言葉が今になって、こういう形で使われるのが面白いと思いました。「センス」とか「らしさ」って確かに言葉で説明するのが難しく、経験や勉強の中で徐々に身についていくのだと思います。さくらも仕事をする中で、「キアリスらしさ」の本質に気づくことができました。

 21週目でフラリと冒険の旅から帰ってきた龍一ですが、世界各国のお料理を覚えて帰ってくるなんて、予想だにしませんでした。お料理するのが楽しそうで、ようやく龍一もやりたいことがみつけられたのかもしれません。

 今週は勝二が始めた喫茶店が、キアリスの仮店舗になったり、さくらと健太郎の結婚相談の場所になったり、最終的に多国籍料理のお店になったり大活躍でした。

 そして、万博の会場でまさかの根本さんとの再会!驚きました。と同時に戦後の食べていくことさえ苦労していたすみれやゆりたちの奮闘を思い出してとても感慨深かったです。

 大手商社KADOSYOの古門社長も「これから日本は大きく変わる!」と言っていたように、この時代は世の中がめまぐるしく変わっていったんだろうなと思います。

 いや~それにしても、今週の紀夫さん かわいかった…セリフのないシーンでも端の方で何かしているので、つい目で追ってしまいます。笑 そんな紀夫さんのこの1週間の様子をまとめてみました。

 次回は「べっぴんさん」23週目のみどころをご紹介します。実はつきあっていることを内緒にしていたさくらと健太郎ですが、健太郎の告白により、一気に結婚のお話に。狼狽する親達は…??お楽しみに!