【1分間名作あらすじ】夏目漱石『こころ』——罪の意識に苛まれ続けた男の末路とは…

2分で読める
連載

少年が鎌倉の海岸で出会った男性は、いつもどこか寂しげだった。少年は、その男性のことを「先生」と呼ぶようになる。父親の見舞いで故郷に帰省していた少年は、先生から届いた自殺を思わせる手紙を抱えて東京行き…

本文を読む