『週刊ツリメ』「【閲覧注意】脱毛してきたけど死ぬほど痛かった」/【第28回】

エンタメ

2018/9/7

 まさかこんな日が来るとは。自分の毛事情について話すなんて予想もしてなかった。

 毛が濃く生えるのは、男子だから仕方がない気もする。たまあに「お前の足は女子か!」ってツッコミをしたくなるほど美脚を持った友達も居る。そういう人達は稀だ。大半の男子諸君は、ジャングルのような体毛が生えている。僕もその1人だ。

 腕には細くてひょろひょろの糸のような毛がたくさん生えてる。この腕毛達は、小学生になった頃から段々と生えてきたんだ。1つ1つの存在は薄いが、集合体で見ると意外に面白い。一本だけめちゃくちゃ太かったり、何故か縮れてる毛もある。何故ここだけこういう生え方をしているのだろうか、馬鹿みたいに考えていた時期もあった。答えはでなかったけどね。(笑)

 次第にすねの方にも産毛が現れた。それは月日を重ねるうちに、みるみる成長していった。その毛は根元の方から図太く生えていて、真っ黒い木のようだ。引っこ抜こうとしても抜けず、無理に引っ張るとその毛穴の部分が赤くなる。小学生を卒業する頃には、すね毛全体が茂みのようだった。「ツリメのすね毛濃っ!」って言われるのは日常茶飯事だった。

 でも正直、腕と足についてはそこまで気にしていない。それ以上に目に付く部分がある。それは顔の毛だ。ヒゲっていうのはあるのと無いのでは、人相だったり顔つきが全然違ってくる。

 高校生の頃には顎と鼻下に髭が生えていた。僕はどっちかといえば童顔だから、ヒゲが似合わないタイプ。朝起きて髭が目立つ様だったらすぐ剃っていた。ところが夜になって、鏡で顔面を見てみると剃った部分が青くなっているんだ。よく剃り負けもするから皮膚にもダメージを負う。そんな髭ストレスに悩まされている中で、希望の光があると聞いたんだ。それは髭に向かって光線を発射して焼くのだ。そして髭の細胞を消滅させる。

 レーザー脱毛だ。

 実はアバンティーズの1人、そらちぃも受けたことがある。

 彼は髭が濃い影響から「ひげちぃ」と酷いあだ名を付けられていた。しばらく脱毛治療に通っていたら、特に濃かった鼻下の髭は無くなっていたんだ。めっちゃ効果あるやん!って感銘を受けた僕は、そこの病院を紹介して貰った。

 8月中旬、外は30度を超える猛暑でジメジメしていた。先生とのカウンセリングも終わり施術室で待機するツリメ。実は今回が初めてじゃない。大学1年の頃に数回やった事があるんだ。その時ある程度除去は出来たんだ。じゃあなんで今回治療をしたのかと言うと、また濃ゆい髭が生えてきたのだ。原因は分からない。1日経つと剃った前に戻ってるんだ。

 そんな理由で再開したのだが、なんで大学1年生の時に全て除去しなかったのかと言うと、物凄く痛いんだ。とてもじゃないけど言葉じゃ表現できない。

 待機していたツリメが遂に呼び出された。ベットの上に仰向けで寝るよう指示され、抵抗出来ないまま寝た。待機中、脱毛する箇所に塗っておいた麻酔薬を先生が丁寧に拭き取ってくれた。こんなに綺麗に拭かなくても良いのにと先生に対して思っていたのだが、数分後に彼は天使から悪魔に変わった。

 次にレーザーの光から目を守るためのゴーグルを付けられた。でんじろう先生の弟子に居そうな顔になってしまった。視界は真っ暗、外で何が行われてるか一切分からない。頼りになるのは聴覚だけ。

 左の方から物音がする。レーザー銃を片手に取ったのだろう。テストで「もみあげあたり1回打ちますね?」と悪魔の呟きが聞こえた。僕は「はい」と忠実に従った。いや、そう返答するしか無かったのだ。医療機関のSMプレイが遂に始まる。

「それじゃあ行きま〜す」の合図と同時に銃の引き金が引かれた。ピッて音と一緒にレーザーが発射される。またそれとシンクロしてツリメの身体ビクッとなった。

 

 めちゃくちゃ痛えぇぇえええ。顔に熱湯をかけられてるみたいだ。

 

 途中で「大丈夫ですか?」と優しげな声を掛けられるが、全然平気じゃない。気遣いで休憩を取ってくれるが、放置プレイか?と思ってしまった。

 またプレイが再開した。次々と弾が発射される。それに身体も反応する。激痛に耐えきれず、喘ぎ声の様な声も出てしまうほどだった。何も見えない筈なのに、本当に悪魔がいるんじゃないかと錯覚が起きた。

 ようやく「終わりです」の声が聞こえた。ゴーグルを取ると目に涙が溜まっていた。先生はニコニコ笑っていたが、「鬼め!」と叫びたい気分だったよ。

 これはその時の脱毛シーンだ。

 サムネでは「脱毛デビュー」と書いてあるが嘘だ。動画中も初脱毛と言っているが、嘘です。19歳で脱毛したっていう恥ずかしさがあって、やらかしてしまいました。嘘デビューしてしまったが、許してください。

◆執筆者プロフィール
ツリメ(byアバンティーズ)
YouTuberプロダクション・UUUM(ウーム)株式会社所属。埼玉県出身の現役大学生でもあり、年齢は21歳。90万人のチャンネル登録者を抱える人気グループ「アバンティーズ」の一員として活躍しているが、じつはYouTuberを続けるか就職するかで悩んでいる(というかそもそも卒業できるのかアヤシイ)。絵心はないがイラストを描くのが趣味で、メンバーからは「画伯」と呼ばれている。

ツイッター:@turime1996
インスタグラム:turime1996
アバンティーズ:Youtube