溺愛する娘を目の前で焼かれた芸術家が取った驚きの行動――芥川龍之介「地獄変」

文芸・カルチャー

2018/10/1

『地獄変・偸盗 (新潮文庫)』(芥川龍之介/新潮社)  平安時代の伝説的な画師、良秀(よしひで)の話。天下一の腕前として、彼は大殿様から気に入られていた。その一方で彼は猿のように醜い容姿の老人で、傲慢で変わった性格のため、人々からは気味悪がられていた。  奇人のように扱われた良秀だが、彼の一人娘を溺愛していた。かわい... 続きを読む