『週刊ツリメ』「新作ipad proを求めて表参道のApple Storeに徹夜で並んだ話」

エンタメ

2018/11/9

 技術者の手によってこの世界の至る所で新しい物が開発されている。それが多くの消費者の目に止まったら成功だ。しかし誰にも見つからずに捨てられてしまう消耗品にだってなるだろう。

 そんな中で毎回新作が出ると必ず話題になる企業がある。Appleだ。最近iPhoneXSも発売されたよね。だんだんiPhoneシリーズの値段が高くなってきて、日本国民が悲鳴を上げているが、それでもあのリンゴを皆かじってしまう。きっと魔女がリンゴに魔法をかけているに違いない。あのおとぎ話は実話だったのかと思わされる。現代にも白雪姫の魔女が姿を変えてあの企業内に潜んでいる。そう思わされるほど多くの人が片手に持って歩いている。

 そんな僕も魔術によって操られている。アバンティーズの他メンバーもそうだ。携帯とパソコンはApple製品だ。今書いているエッセイもiPhoneで書いているし、動画の編集もMacbook proを使っている。

 10月31日にAppleの発表会があったんだ。ここでは毎回新製品の情報が解禁される。ところが発表会前にどんな物が発表されるかは、毎回リークされてしまうんだ。だから観てる人からしたらテストの答え合わせみたいな感じだよね。

 日本では30日の23時にライブ中継された。当然観る予定だったが良い子は寝ている時間だ。もっと良い子はクラブで踊っているはずだ。僕は人生で2回目のクラブに行っていたよ。誘われて行ったんだけどね。テキーラのショットを喉に流し込んでフロアをウロチョロしてたのを覚えている。跳ねてたら床が滑りやすくて転んでしまった。まぁ好きな音楽が流れていて楽しかったよ。

 だから発表会がどんな内容だったのかは、寝て起きた二日酔いの状態で知ったんだ。そこで新しい「iPad Pro」が11月7日に発売されると発表された。そこまでビックリはしなかった。何故なら31日よりも前に新作のiPadが発表されるんじゃないかとネットでは言われていたからだ。

 その情報を知った時に絶対に購入すると決めていたんだ。別に新製品だからって訳じゃない。それはこのエッセイの為にだ。

 週間ツリメの最後に挿絵がいつも貼ってあるでしょ? あれは僕が描いているんだ。いつも本文を書き終わってから挿絵の方に取り掛かる。スケッチブックにボールペンか黒マーカーで線を描く。何枚も紙をくしゃくしゃにして頭を掻きながら考える。完成した頃には周りに紙が破り捨ててあることも普通にある。稀にクオリティの高い絵が登場してくるが、あれは自分が描いた奴ではない。あれは友人の絵です。急に絵がめっちゃ上手くなってるやん!ってコメントをSNSで見るが違う。あれはゴーストデザイナーに描いて貰ってました。別に何言われても聞こえないんで!

 それじゃあなんで他人に描かせるのか。それを見て自分の挿絵を向上させようと己を奮い立たせたかったんだ。しかし絵を比べても天と地の差があり絶望するだけ。

 考える時間と描く時間合わせると約1時間くらい掛かるんだ。それだけ費やしてあのクオリティだよ? この連載を始めて6ヶ月以上経つ。文章の方はほんの少しだけ腕が上がった気がする。でも絵は一向に上手くならない。プロフィールに画伯と書かれている以上はある程度上手くなりたい。笑

 それで新しいiPadが出る情報を知った時に閃いたんだ。あれで描いたら上手くなるんじゃね?って思ったのだ。自分の脳味噌は単純だからイケるって錯覚したんだよね。だから買おうと思ってネット予約をしようとしたんだ。ところが家に商品が届くのが発売日から3週間以上先の予定だった。流石に遅すぎる。型落ちしたiPadを買えば良いじゃんって頭の中をよぎったが、新しいのが出るのにそれは無いなと思った。そんな時にメンバーのリクヲも買うか迷っていたんだ。だから発売日の開店前にアップルストアに並んで購入しよつと話し合って決めた。

 11月7日の午前1時半、傘を差さなくても良いくらいの小雨が降っていた。

 まずリクヲ、ツリメ、エイジと友人1人を連れて渋谷のドンキホーテに向かった。長時間並ぶのに立ちでは待っていられない。アウトドアコーナーでBBQをする際に見かける椅子を買ってからアップルストアに向かった。エイジはネットで購入したらしいが、友人と一緒にドンキについて来てくれた。

 準備万全の状態で渋谷店に向かった。渋谷のLOFTとSEIBUが並んである坂を登り、降った先の歩道に出た。そこからアップルストアが微かに見える。店内の照明が付いていて外に光が漏れていた。だからすぐにあそこだって分かったんだ。反対側の歩道に渡ってお店に向かったが、

 誰一人として並んでいなかった。

 僕達はパニック状態に陥った。「発売日間違えてないよね?」「もしかして予約で在庫が無くなったんじゃない?」とか色々考えて思考回路がエラーを起こしていた。こうなったら仕方がない。表参道店の方に行って誰も居なかったら諦めようと思い、別の店舗に歩いて行った。

 雨が少し強くなり不安を募らせる。原宿から表参道駅に向かう坂を登り、ガラス張りになっている建物が見えてきた。そこも店内の照明が付いて、深夜なのに店員さんが居た。どうやら作業をしているのだが、何をしているのかは分からない。そして少しお店の前を通り過ぎた辺りに人を発見した。しかも3人ほどいる。並んでいる人を発見したんだ。

 時刻は午前3時を過ぎていた。雨も止んで運は僕達に向いてるようだ。ここから開店の午前10時まで椅子に座って待つ。ホッとしたのか眠気が急に襲って来た。寝ようとするが体制がキツい。それに外に居るからなかなかうるさい。背後は道路だから車が走っているのだが。それが思いの外うるさくてなかなか寝付けない。結局開店までずっと起きてた。途中30分程度寝ていただけ。

 遂にお店のドアが開かれた。先に予約した人が店内に入った。次に予約をしていない並んでいた僕達が誘導された。平日だというのにお店が開く時には30人以上の列が出来ていたんだ。

 そして無事にiPad proを購入出来た。お値段は約20万円。胃が痛い。

◆執筆者プロフィール
ツリメ(byアバンティーズ)
YouTuberプロダクション・UUUM(ウーム)株式会社所属。埼玉県出身の現役大学生でもあり、年齢は21歳。90万人のチャンネル登録者を抱える人気グループ「アバンティーズ」の一員として活躍しているが、じつはYouTuberを続けるか就職するかで悩んでいる(というかそもそも卒業できるのかアヤシイ)。絵心はないがイラストを描くのが趣味で、メンバーからは「画伯」と呼ばれている。

ツイッター:@turime1996
インスタグラム:turime1996
アバンティーズ:Youtube