【1分間名作あらすじ】親友を人質にし、走り抜けた青年の物語――太宰治『走れメロス』

文芸・カルチャー

2019/2/11

『走れメロス (新潮文庫)』(太宰治/新潮社)  羊飼いのメロスは純朴で正義感の強い青年である。彼は妹の結婚式を挙げるため、シラクスの町へ買い物にきた。すると、昔は賑やかだったシラクスはとても寂しく落ち込んでいた。  メロスは町の人から、王様が人間不信に陥ったため人々を虐殺しているという事実を聞き、激怒する。邪智暴虐... 続きを読む