2011年下半期 人気レビューランキング <アニメ化された作品編> ベスト5

2012/4/29

昨年下半期によく読まれた人気レビューランキング。
今回はテレビアニメになった作品を紹介するラコよ。
1位の『海月姫』は第34回講談社漫画賞少女部門を受賞、
2010年10~12月、フジテレビの深夜アニメ
「ノイタミナ」枠で放送されていたラコよ。

 
2011年下半期 人気レビューランキング
<アニメ化された作品>編 ベスト5


美しすぎる女装男子とオタク女子の、
現代版シンデレラストーリー
 

 

1位 『海月姫 1~7』

東村アキコ/フェアベル/各420円 (レビュアー:LunaLuce)
「どうして女の子はキレイじゃないといけないのか。女の子はみんなキレイになりたがっている――こんなせめぎ合いが胸に刺さりまくっている、ルナルーチェ腐女子代表・広報チリと葉菜でお送りします。
【チリ】そんなわけで、”本格腐女子漫画”の『海月姫』です。もうねー、この空気感嫌いな女子はいないと思うのよ。気の合う仲間とレトロなアパートでシェア生活。そこに現れる超絶美しい…(続きを読む)

(=・오・=)<腐ラッコは嫌ラコ…

  

少女を巡る数奇な運命と出会いの数々…
壮大な愛と奇跡のファンタジー
 

 

2位 『ふしぎ遊戯 1~18』

渡瀬悠宇/小学館/各420円 (レビュアー:LunaLuce)
幼い頃、誰もが憧れたであろう、異世界での冒険―少女はある本を手に取った瞬間から、思いもよらない壮大な世界へ旅立つことになる。それは、のちに彼女の運命をも大きく変えることになる、長い旅路の始まりだった…。
異世界に行ってみたい、と今でも強く思っているルナルーチェの夢見がち組、葉菜とヒロでお送りいたします…(続きを読む)

(=・오・=)<お姉ちゃんが読んでたラコ

  

1人の少女が国を変える!
少女マンガの枠を超えた、圧倒的な大河ロマン
 

 

3位 『BASARA 1~27』

田村由美/小学館/各420円 (レビュアー:立花もも)
「生きろ。」
というのは『もののけ姫』のキャッチコピーですが、この『BASARA』に添えるに一番しっくりくるのもそれなのであります。田村由美さんの描く人物はすべて、「眼」が強くて印象的。射抜くような眼差しに、理不尽も憎悪も悔しさも、すべてを飲み込んでなお、起とうとする力がみなぎっていて、圧倒されるのです…(続きを読む)

(=・오・=)<パワーをものすごい感じるラコ

  

必ず響くストーリーがある!
『ちはやふる』末次由紀の珠玉の短編集
 

 

4位 『ハルコイ』

末次由紀/講談社/420円 (レビュアー:ふくだりょうこ)
『ちはやふる』の末次由紀さんの4つの短編が収録された作品集。今秋からアニメ化もされ、ますます注目を浴びている『ちはやふる』だけれど、それに負けずとも劣らないすばらしい1冊だ。
表題作でもある『ハルコイ』は50歳のパワフルなおばちゃん・綾子さんと23歳の引っ込み思案な保育士・のんちゃんの物語。彼氏いない歴23年ののんちゃんが恋をし、その相談を…(続きを読む)

(=・오・=)<おばちゃんから元気をもらうラコ!

  

友情と努力と勝利。『少年ジャンプ』のノリの
エンターテインメント競技カルタ漫画
 

 

5位 『ちはやふる 1~9』

末次由紀/講談社/各420円 (レビュアー:ルートつつみ)
百人一首を使った競技かるたを題材にした、スポ根少女マンガ。
千早から「かるたの神様」と尊敬されている寡黙で純朴な新(あらた)か、千早の幼なじみで不器用・ひねくれ者の太一、どちらとくっつくのか、という恋愛要素もさることながら、友情と努力で勝利を掴み取っていくというハラハラドキドキ要素の方がむしろメイン。『少年ジャンプ』に載っていそうなノリで、少女マンガなんて…(続きを読む)

(=・오・=)<カルタってかっこいいラコ!