『僕が僕であるためのパラダイムシフト』「どうすれば良いかを探した子供の頃の僕」/第1回

マンガ・アニメ

2019/3/14

自身が20年もの間、心療内科を転々として「鬱」に苦しんで来たが、「鬱」を擬人化して考え、その正体を探ることで自分を取り戻した経験を持つ。この経験を誰かに伝えたいという思いで、架空の物語として描かれた、経験者もまわりの人も理解しやすいコミックエッセイ。









<第2回に続く>