【1分間名作あらすじ】14歳少女の、若い感性が溢れる普通の一日――太宰治『女生徒』

文芸・カルチャー

2019/3/17

『女生徒』(太宰治/角川文庫)  朝、目が覚めるときの気持ちはいじらしく、起きたばかりの私は醜いから嫌だ。夏の訪れを感じ、他界したお父さんのことを思ってみる。お母さんは人のために尽くす人で、私の両親は美しく安らかな夫婦だった。なんて考える私は生意気だ。  お母さんへの勤労奉仕の草むしりを終え、電車の停車場に向かう。サ... 続きを読む