藤本さきこの本喰族!!「数学」という言葉から見つけた1冊『博士の愛した数式』小川洋子/連載第1回

文芸・カルチャー

2019/4/21

 私にとって本は、食べて吸収し細胞にするもの。

 食べることと同じくらいを作っていく。

 食物が肉体のエネルギーを作るなら、書物は魂のエネルギーをつくる。

 ひとつだけ違うことは、魂には「お腹いっぱい」という感覚がないこと。

 お腹いっぱいにするために読むのではないのだ。

 この連載「本喰族」では、読んだ本の中から頭に残っている「言葉」から次の本をリレー形式で検索し、魂がピンときた本をどんどん喰っていきたいと思います♡

『博士の愛した数式』小川洋子

 初回は、最近一番気になっている言葉「数学」から見つけたこの本。

 元数学の博士と、シングルマザーの若い家政婦の物語。

 博士は事故の後遺症で80分ごとに 記憶が消去されて行く。蓄積された記憶は17年前でストップし、更新されない。毎朝「初 めまして」から博士の身の回りのお世話が始まる。どれだけ博士と親しくなり心を通わせ たような気がしても、次の日には「無かったこと」になってしまう。

 毎朝「初めまして」で出会う博士は、数字で家政婦との繋がりを見出そうとする。家政婦も次第に数字の持つ意味や繋がりを見つけ、数字の世界を味わっていく。

 見える世界を支える偉大な力は、見えないところにある。数学はその世界…、即ち「真理」を証明する。今まで見える現実ばかりに振り回され人生に疲れていた家政婦は、数学を通して見えない世界に煌めきを見つけるようになる。

 ある日、家政婦の息子は夏休みのキャンプに出かけた。

 家政婦は、息子を産んでから初めて一人になった。仕事中、夏の豪雨と雷が始まった。息子が登っているはずの山が心配で仕方がなく、仕事に身が入らない。

 家政婦は、「息子がいないと、心の中が空っぽになったような気がする」と博士に打ち明けた。

 博士は言った。

「空っぽとは、つまり0を意味するのだろうか? つまり今、君の中には0が存在する、と言うことになる」

 ここを読んで、初めて「0」と言う数字があるおかげで、無いものを「無い」ままではなく、「無い、が在る」と存在させることができることに気づいた。

 お財布の中に0円、だとしても、「0円がお財布にある」ことになるし 今日は良い出来事が0個だった、としても「良い出来事が0個の日があった」ことになる。

 お金が無い、良いことが無い、という「無い」ままの表現ではなく0のおかげで全て「あ る」表現ができるのだ。 このことが、私たちの人生をどれほど素晴らしいものにしてくれていることか。

「0」という数字に心から感謝した。

 数字に感謝することができるなんて、衝撃だった。

 次は「雷」という言葉で美味しそうな本を探します。

文=藤本さきこ

第2回に続く