『この英語、どう違う?』「little」と「small」/【連載第4回】

生活

2019/4/30

『この英語、どう違う?』(ルーク・タニクリフ/KADOKAWA)は、日本人が間違いやすい、似た意味を持つ2つの英単語の違いを分かりやすく解説した1冊です。どれも日本人になじみ深い単語なので、しばらく英語から離れていた人でも楽しく読めることうけあい。ここで、本書で紹介している英単語を10組ピックアップして紹介します。第4回は「little」と「small」の違いです。

little vs. small ――「小さい」を表すことば

 littleとsmallは、よく同じ意味で使われます。たとえば、自分が何か小さなミスをした際には、I made a small mistake.とI made a little mistake.のどちらの言い方も可能です。

 しかし、littleのほうには大きさや量に関することでない使い方もあります。僕が小学生のころ、転んでひざから血が出たら、近くにいた教師が「poor little boy」と言いました。クラスで1番背が高い僕に対してなぜlittleを使ったかというと、 littleは「かわいい」のような感情的なニュアンスで使う場合があるからです。このような場合は、大きさより年齢に関係があるので、子ども(人間でも動物でも)などに対して使います。

What a lovely little dog!
(なんて小さくてかわいらしい犬なの!)

Poor little boy!
(かわいそうな男の子!)

 smallは大きさや量のみを表すため、What a small boy! と言うと、「なんて(体が)小さい男の子なの!」という意味になってしまいます。気をつけてください。

When I was little, I wasn't very small.
(僕は子どものころ、それほど小さくはなかった)

 量を表すときには、可算名詞の場合、small numberを使います。

There are a small number of people in this room.
(この部屋には人が少しいる)

 There are small people in this room. だと、「この部屋には小さい人たちがいる」という意味になってしまうので、注意しましょう。可算名詞の場合、littleは使えず、fewを使わないといけません。

 不可算名詞の場合は、small amountを使います。

I have a small amount of money.
(私は少量のお金を持っている)

 littleを使って、I have a little money.と言うこともできますが、この言い方はsmallより感情が込もっていて、「私は少しだけお金を持っている」という意味になります。

 littleのもうひとつの特徴は、littleの前にaをつけるかつけないかによって、ニュアンスが少々変わってくることです。a littleは 「少しだけある」という意味になり、aがついていないlittleは 「ほとんどない」という意味になります。これはfewとa fewの違いに似ていますね。

I have a little interest in sports.
(私はスポーツに少しだけ興味がある)

I have little interest in sports.
(私はスポーツにはほとんど興味がない)

まとめ

 smallは物理的な大きさや量などが「小さい・少ない」ときに使い、littleは大きさや量が小さい・少ないときだけでなく、幼い者などに対して「かわいい」「かわいそうな」という意味でも使う。

第5回に続く

【著者プロフィール】
ルーク・タニクリフ(Luke Tunnicliffe)

1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。Wesleyan Universityを卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。
2010年に開設した自身のホームページ「英語 with Luke」は開設直後からコアな英語学習者の間で話題となる。「元気ですか?を意味する20のフレーズ」「ハーフは英語で何というか」「セミコロンの使い方」といった、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事でまたたく間に人気を博し、月間150万PVを記録する破格の人気サイトとなっている。
英語 with Luke:https://www.eigowithluke.com/
Twitter:@eigowithluke

この記事で紹介した書籍ほか