うんことおしりが好きすぎて「おしりをなめろ」という曲を作った天才作曲家/『やばい世界史』③

エンタメ

2019/8/2

世界史に登場する偉人には、人並みはずれた“すごい”面がある一方、「まさか、そんな…」と思わず言ってしまう“やばい”面もあったのです。『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)から、そんな偉人たちの“すごい”と“やばい”をご紹介します。

『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)

■「モーツァルト」のここが“すごい”! 5才で作曲を始めた天才作曲家

『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)

 世界一有名なクラシック音楽家のひとり、モーツァルト。弱冠3才で楽器を弾き5才で作曲をした神童で、マリ・アントワネットに「将来結婚してあげる」と上から目線で言うほど調子にのった子どもでした

 かれはそのままの性格で大人になり、自信満々でウィーンの宮廷音楽家に志願します。でも、あまりにも天才で生意気すぎたため、宮廷楽長サリエリなどの先輩たちに拒否されて就職に失敗。

 しかしめげずにフリーの音楽家となり、35才で亡くなるまで『トルコ行進曲』や『フィガロの結婚』『魔笛』など600曲以上の名曲とオペラを作りました。