テストで同じ問題ばかり間違えてしまう…何が原因? /18歳までに親がやるべきこと⑧

出産・子育て

2019/10/1

「子どもが勉強に乗り気じゃない時は?」
「小学校入学までの英語学習は必要?」
子育てにはいつも悩みが付きもの。育児、受験、勉強法などの悩みに、佐藤ママが心強いアドバイス!
3男1女を東大理Ⅲに合格させた秘訣を、『教えて! 佐藤ママ 18歳までに親がやるべきこと』から紹介!

『3男1女東大理Ⅲ合格! 教えて! 佐藤ママ 18歳までに親がやるべきこと』(佐藤亮子/祥伝社)

[子どもの心編]

【Q】
テスト本番、緊張して同じ問題で間違えてしまいます。

【A】
緊張しているからではなく、準備が足りないから。

【Q】
 テストで悪い点を取っても何も言わないできました。今、5年生です。試験前にできた問題と同じ問題が試験で出て間違えたりします。本人に、「できてたのにね」と聞くと、「テストでは緊張してしまう」と言われました。場数を踏んだほうがいいのかと、試験の回数を増やしたりしていますが、まだ緊張してしまうようです。緊張しないように、準備をしっかりさせても、始まる前からドキドキするらしいのです。私の導き方が間違っているのでしょうか。(大阪府・40代)

【A】
 緊張して点数が取れないということもあるのかもしれませんが、点数が取れないのは基本的には準備やトレーニングが足りないだけの話です。

 試験では見たこともない問題も出るし、どう考えてもちんぷんかんぷんな問題もあるし、自分が準備していたのに点数がちゃんと取れないときもあります。

「準備しても、なかなか完璧にはいかない」ということを身をもって経験するのが、場数を踏むということですが、〈勉強と試験〉は、〈練習と試合〉の関係に似ていて、試合ばかりしても強くはならないのです。やはり、地道な練習が不可欠なのです。でも、練習ばかりしていても、大きな本番で一発勝負となり勝つのは大変。そこらへんのバランスが大切で、その子によってバランスの割合を変えるのが、指導者の腕の見せ所ですね。

 また試験前にできた問題を、試験では間違えたりするということですが、それは根本をわかってないから。緊張で間違えているんじゃないことを、本人に話してあげてください。どういう理由で間違えたのか親子で精査して、次は同じような間違いをしないよう十分準備させることが大切だと思います。


【続きは本書で!】