大好きな人が「私のすべて」ではない。失うことで私は“私”になれると知った、大切な詩集 【読書日記9冊目】

文芸・カルチャー

2019/10/15

2017年7月某日  何のために書いていけば、どうやって生きていけばいいかわからなくなってしまった。  インターネットで好きな人が結婚したという情報の片鱗を見つけて、「寂しくなったから電話してもいいですか」などと何でもないような顔をして、結婚について問いただしたら、数秒の沈黙の後に彼は「そうだよ」と言った。「私も結婚... 続きを読む