セーターやカーディガン「私に似合う」アイテムの選び方 /48歳からの毎日を楽しくするおしゃれ④

暮らし

2019/12/14

「自分らしいおしゃれ」
「私に似合うアイテム探し」
――誰にでも当てはまる悩みに、素敵なイラスト付きで解説!
年齢を重ねていろいろ変わっても、おしゃれを楽しむコツを紹介します。

『48歳からの毎日を楽しくするおしゃれ』(堀川波/エクスナレッジ)

セーター Vネックで上半身をスッキリ

 私は身長が低いので(153センチ)、首まわりが空いているとだらんとした印象に見えがちです。セーターはとくにそれが顕著なので、今までは首の詰まったクルーネックがいちばん似合うと思っていました。

 ところが、SNSで素敵なVネックを見つけて試してみたら、悪くない。むしろ直線のシャープなラインでデコルテがスッキリし、顔や上半身のずんぐりした印象が軽く感じられました。今まで避けてきた襟の形でしたが、大人の女性には嬉しい効果がありそうです。サイズ選びもひと工夫。ちょうどよく感じるひとつ大きめ(私ならLサイズ)を選ぶと、今っぽいラフさが出る気がします。

 とはいえ、似合う襟の空き方は体型や髪型によっても変わるもの。新調するタイミングが来たら、いろいろ試してみることをおすすめします。

カーディガン 新しい定番はロング丈

 室内外で温度差がある日やちょっと肌寒くなる季節、サッと羽織れるカーディガンがあると便利です。しかし長年重宝していた丸首ニットのカーディガンが、なんだか野暮ったく見えるようになりました。丸い体を強調してしまうのです。

 体温調節+スタイルアップに一役買ってくれているのが膝下 センチのロングカーディガンです。もたっとした腰まわりを縦長のIラインでスッキリ隠し、全身を細長く見せてくれるのでスラッと着痩せして見えます。春や秋だけでなく、夏の日焼け対策としておすすめです。

 カーディガンというとウエスト丈・ボタン付き・ほっこりニットのイメージでしたが、今はこのロング丈・羽織り型・ボタンのないスッキリデザインが私の定番です。


>>次回に続く!