男子禁制☆峰なゆかのヒミツの更衣室『童貞攻略法』

更新日:2013/12/20

今回のテーマ「童貞攻略法」

最近仲良くなった男性がどうやら童貞らしいのです。
これまで好感を抱いていたガツガツしない感じは、実は奥手ゆえのことだったとわかりました。
そろそろプラトニックな関係から一線を越えてみたいと思っています。
峰さんも童貞好きだそうですが、童貞の人がビビらない童貞攻略法をを教えてく
ださい。(31歳・会社員)

「好きです! 付き合ってください!」とド正面から告白しましょう
  

 こんにちは。童貞が好きな峰です。
 と言うと、「じゃ、じゃあ俺とかどうですか!?」とかっつってのっかってくるイカ臭い大学生や、フェラチオ→アナル舐め→騎乗位の流れがセックスの本式だと思ってる素人童貞まで沸きたってくるのですが、自分から脱童貞のチャンスに飛びつく行動力のある男や、ましてや風俗で初対面の女相手に下半身差しだす度胸をもっているような男などさらさらお呼びではないのです。
「で、出たぁー! ヤリマンだぁー! こんな穢らわしい女に俺の童貞を奪われてなるものか!!」とさりげに股間をガードするような童貞にこそぐっとくるのです。

 処女が好きという男を処女が毛嫌いするように、童貞が好きという女を真性童貞は嫌います。よって、童貞を狙うにあたって童貞が好きだなんて自称するのは最悪です。
 ちなみに冒頭では演出上仕方なく、「童貞が好き」とか書いたものの、本心を言わせてもらえれば私は別に童貞だからって好きになるわけではありませんのでよろしくお願いします。

 さて、壊滅的な容姿をしているわけでもなくって、最低限のコミュニケーション能力もあるのにいい歳して童貞だという男性は、これまでセックスする機会がなかったわけじゃありません。女性からのアプローチを空前絶後のスルー力で無視してきた結果なのです。
 アイツら、「なんか暑くなってきちゃった」と上着を脱げば冷房入れるし、「終電、でちゃったね……」と潤んだ瞳で見つめれば近場の漫喫で始発を待とうとするしで、大人のお約束をコントのようにスルーしてきます。ここで一般的な女性は「私、嫌われてるのかな……」と判断して距離を置きますが、多くの場合は童貞から嫌われてるわけではありません。童貞は嫌われるのを恐がってるだけなんです。

 「終電、でちゃったね……」のセリフに、いくら童貞といえどもさすがにセックスの気配は感じるものの、しかし彼らの恋愛偏差値ではセックスできるという確証が得られないのです。勇気をふりしぼって「じゃ、じゃあどこか泊まってく?」と言っても「えっ、私そんなつもりで言ったんじゃないのに……最低!!」なんて言われたらと考えると、無意識のうちに朝まで開いてる漫喫を探してしまうのです。
 同じく、押して押して引いてだなんていう恋のかけひきも童貞にはレベルが高すぎます。メールの絵文字にハートマークを入れる比率を以前より下げたという程度の数ミリの「引いて」でも、嫌われたに違いない!と勝手に判断して、これ以上傷つく前にと即撤退してしまうからです。傷つく勇気があるのなら、童貞なんてとうの昔に捨ててしまっているのです。

 思春期からパッタリ成長が止まっている童貞の恋愛レベルにあわせて、「好きです! 付き合ってください!」とド正面から告白するのが最前の策ですね。これならさすがの童貞も好意を持たれているのだと確証を得られますし、好意を持たれていると分かった相手には瞬殺で惚れてしまうのが童貞です。

 今回のご相談では、付き合いたいのか筆下ろししたいだけなのか不明ですが、もし件の童貞と、セックスしたいだけだったらわざわざ付き合うのはめんどくさいと感じるかもしれません。しかし付き合う前にセックスできたとしても童貞にとってはセックスする=結婚を前提とした男女交際をはじめることです。射精して二秒後には即彼氏ヅラされるのですから、どのみちその後別れ話をする手間は同じですし、ここはよりスムーズに筆を下ろす方法を選ぶべきですね。