自分が「男性」になっていく感覚が怖かった。大好きだったお姉さんとの同棲生活と、愛と家族にまつわる本の話【読書日記14冊目】

文芸・カルチャー

2019/12/23

2016年12月某日  寝込んでいた。お腹が痛くて熱もある。気持ちのアップダウンはあっても風邪を引くのは久しぶりだ。クリスマスも越えていよいよ年の瀬という雰囲気を感じた途端に、張り詰めていた糸がぷつんと切れたように体調を崩したのだった。でも、襖のほうに目をやると、心がじんわりと温まる心地がする。  襖で仕切られた部屋... 続きを読む