ちつの保湿してる!? ちつと骨盤ケアで肌のハリがアップ!/『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心をしあわせにする。』①

健康・美容

2020/2/1

女性が美しく生きるために必要なことって何でしょう? 毎日のスキンケア? ヘアケア……? 答えは、「ちつと骨盤」ケアなんです。 体と心を心地良くする、 一番大切なケアを今日から始めましょう。

『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする。』(関口由紀:監修/日本文芸社)

あらゆる不調、もしかしたらちつと骨盤が原因かも?

 世界的に見ても、おしゃれや美容、健康に気をつかう日本人女性。

 でも、ある部分のケアについてはこれまで無頓着に過ごしてきました。

 それが、「ちつと骨盤」。

 恥ずかしいからと、つい目をそらしがちですが、それは大きな間違いです。

 ちつと骨盤を雑に扱っていると、生理にまつわる不調からカラダの冷えやセックスレスまであらゆる悩みに、つながってしまうのです!

先進的な女性はもう始めてるちつと骨盤ケア

 ちつ、そして女性器を支えている骨盤は、生命の「みなもと」となる場所であり、女性にとってもっとも大切な部分。

 顔のスキンケアやダイエットをする以上に、保湿やマッサージ、トレーニングをする必要があるのです。

 欧米では、ちつケアはとても一般的。

 最近ようやく日本でも、その重要性が知られるようになり、情報に敏感な女性はもう、ちつや骨盤のケアを始めています。

ちつと骨盤はカラダのカ・ナ・メ。ここをケアすれば、すべてが解決する!

 実は、女性の不調を招く大きな原因が、ちつにあります。

 ちつが冷えて乾燥すると、女性ホルモンのバランスが乱れ、ストレスとリラックスを調整する自律神経もうまく働かなくなります。 自律神経が乱れると、PMSや月経痛などの生理にまつわる不調や、ホットフラッシュ、めまい、動悸といった症状が発症することも……。

 また、ちつの冷えが血流を滞らせ、筋肉のこりや衰え、代謝低下、姿勢の悪さなど、さまざまな悩み・不調を引き起こします。

ちつと骨盤をケアすれば女性は健康にキレイになれる!

 ちつと骨盤は、いわば女性の健康を左右する存在。

 ちつと骨盤が健康であれば、そのエネルギーが波及して、カラダ全体が健康になっていきます。

 全身が温まり、血行がアップ。

 女性特有の悩みも、全身の不調も改善し、肌のツヤやハリも戻ってきます。

 ちつと骨盤を大切にすることがいつまでも美しい女性でいるための秘訣なのです!

ちつと骨盤を温かくてしなやかにするケアを始めよう

まずはちつの潤いを取り戻す!

 何もしないと、ちつは衰えていきます。

 衰えたちつとは、しなびてカサカサした状態。

 冷えていて血行が悪く、水分や栄養が行き届かないのが原因です。

 ちつが乾燥すると、免疫力が低下し、雑菌の浸入によるちつ炎、尿道炎、膀胱炎といった感染症にもかかりやすくなります。

 本書では、ちつの正しい洗い方と保湿の仕方、オイルを使ったマッサージによって、ちつをふっくらと潤った状態に戻していきます。

骨盤底筋トレーニングでしっかり締まるちつに

 ちつの冷えは、女性器を支えている骨盤底筋にもダメージを与えます。

 骨盤底筋は、下半身と上半身をつなぐ重要な筋肉です。

 ここが衰えると、尿漏れや便秘などのシモのトラブルやぽっこりおなか、猫背姿勢など、カラダのトラブルにつながります。

 そして骨盤底筋は、心地のいいセックスを楽しむためにもとても重要な部分です。

 年齢とともにどうしても筋肉は衰えがち。

 骨盤底筋トレーニングで、ゆるんだちつをしっかりと締め直していきましょう。

骨盤ヨガで心身ともに穏やかに整える

 骨盤は、子宮や卵巣といった、女性器のほか、腸や膀胱など、多くの臓器を支えるカラダの中心部分。

 ですが、日頃の姿勢などでゆがみやすくなり、ちつにも悪影響を及ぼします。骨盤のゆがみを放置すると、深い呼吸ができなくなり、カラダに疲れが残るように……。

 さらには、ちつの冷えや生理痛などといった不調につながります。骨盤ヨガを行うことで、骨盤は正常な位置に戻り、ちつの冷えなどの症状を改善、つまり、女性の性機能も向上するのです。

 本書で紹介しているポーズを組み合わせて、自分のためだけの専用プログラムを作ってみてください。

植物の力で女性力をアップ

 ちつケアや骨盤底筋トレーニング、骨盤ヨガなどとは違った形で女性をケアしてくれるのが植物。

 悩みに直接的にアプローチするものとしておすすめです。

 本書では、日常生活に上手に植物の力を取り入れる方法を紹介しています。

 植物療法は心身の不調やトラブルを改善し、健康を維持・増進してくれる大きな味方です。

<第2回に続く>