大人のデートの醍醐味とは? 経費ゼロでも満たされる理由『大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー』⑫

恋愛・結婚

2020/3/4

パリ在住経験からのおしゃれアドバイスで著名なイラストレーター、米澤よう子さんが恋活をスタートさせました。アラフォー以上の女性が「ときめき」をカムバックさせた体験を、本音トークでお届けします。

 デートの定番は、刺激的でテンションアップできる場所。テーマパーク、コンサート、イベントetc…。そんな機会を一緒にするのもウエルカム! 交際に至ったら、刺激的な場所で、ふたりの時を楽しみたいものですが、大人は、近所でも、商店街でも、名もない場所でもデートの喜びがあります。なぜなら、仕掛けられた舞台=刺激がなくても、自分たちでテンションを上げられるから。

 人生40歳を越えれば、40回以上の季節の移り変わりを目にしています。お散歩だって、季節を感じて会話になります。また、買い物経験が豊富な大人は、ウインドーショッピングだけで意見交換可能。気づけばお財布を開いていないなんてことも、パリではよくあること。経験が浅かった昔と比べ、大人になった自分に気づいたら、感じたあれこれを傍にいる彼に伝え、言葉をかわす。ほんの少しだとしても、言葉の交わりに交際の意義があります。テーマパークで万単位の出費もあれば、ゼロの時もある。双方同じ満足が得られるのが、大人のデートの醍醐味だと私は思うのです。

<第13回に続く>