「公平だろうと、不公平だろうと、人生は人生」『「その日」の前に』②Sarah

暮らし

2020/2/14

『「その日」の前に』は、終末ケアを受ける20人の肖像と直筆の手紙で綴るラスト・インタビュー。特に目立つ人たちではない、多くは数日後にはこの世から去ることになる彼らがカメラにどのような表情を向け、何を話し、書いたか。「死」とはそして「生きること」とは何か。 Sarah サラ 公平だろうと、不公平だろうと、人生は人生。 ... 続きを読む