バレンタインで重い女と感動させる女の違い『大好きな彼の「ド本命」になる♡「魔法のメス力」を使って幸せをつかむ方法』⑱

恋愛・結婚

2020/2/14

『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』、『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~”運命の彼”にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則』(大和書房)に続き2月20日には待望の新刊『ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密のメス力LESSON』(SBクリエイティブ)が発売になる神崎メリさん。今回はバレンタインがテーマでお届けします。

第18回 バレンタインで重い女と感動させる女の違い

 こんにちは神崎メリです。

 毎年バレンタインシーズンになると、読者さまから「『メス力』的バレンタインを教えてください!」「彼氏に日ごろの感謝を伝えたいのですが 何をあげるのがベストですか?」というご質問が殺到します。

 その都度「バレンタインに気合いを入れると逆効果ですよ! 肩の力が抜けたお安めなチョコでもいいんですよ!」とお伝えしてきましたが、「でもバレンタインに気合いを入れないだなんて… …彼に変に思われたらどうしよう!」「スルーなんて絶対に無理!」という不安が拭えないようなのですよね。

 そもそも「メス力」的にはバレンタインをスルーして縁の切れる男性なんて、所詮そこまでの関係、「ど本命」でもなんでもないのですが……(むしろお見切りチャンスですわ)。

「バレンタインにチョコをあげるか否か」問題ですが、要は彼からいま現在「重い女」と思われてしまっているかどうかで、とるべきふるまいも変わってくるのです。

 彼からこんな対応をされているのであれば、「重いな…」と距離を置かれているというサインをお教えします! 思い切ってバレンタインはスルーしてください! お安めチョコも禁止します(キッパリ)。

男がつい「重い女」に対してしてしまう距離の置き方
①結婚がらみの話題になると変な空気が流れる
②赤ちゃんがらみの話題になると変な空気が流れる
③「仕事が忙しい」と連発する割には趣味の時間は取っている
④悩みごとなど真剣な内容をLINEするとなかなか既読をつけてくれない
⑤結婚に対してマイナスな発言が多い(結婚は墓場って上司も言ってるしなぁ~など)

 付き合いたての頃は結婚という言葉が出ていたはずなのに、今は禁句っぽくなってしまっている。そんなとき女性は距離をなんとか詰めようとして、愛の言葉を書き綴ったお手紙と、手作りチョコを渡し(どう? 私いい奥さんになるよ! 結婚にはベストな女だよ!)とアピろうとしますが、超逆効果!

 ますます男性に「重ッ! つか怖ッ!」と感じさせてしまい、アナタとの関係から逃げ出したくなってしまうのです……(もはや怯えてますよ、彼)。

「この人、私に対して引き気味だな……」いまそう感じているのであれば、恋愛のことは一旦置いておき自分の好きなことをやって過ごすのが1番です。

 そうすると「あれ? 最近前みたいに熱心な“俺信者”じゃなくなってんじゃん?」と不安になって、急にアナタの方へ寄ってくるものなのです(この男心の単純さ伝われ〜!)。

 何度でもいいます。モノで男心は一切釣れません。

 男心は「捕まえられそうで捕まえられない女」に釣られて動くものなのです。

 すなわち男性の征服欲を100%満たさず、ハントする対象であり続けること自体が彼へのプレゼントなのですよ!

 チョコなんかじゃなく、彼に恋するワクワク感をプレゼントしようぜ!ということなのですよね。

 そもそも彼になぜ重いと感じられるようになってしまったのか?

 男性が重いと感じる行動(征服欲を120%満たしちゃってる)とはどんなふるまいなのか?

 この辺についてはまた次回の連載でお伝えしていこうと思います。

 その間美味しいチョコは自分で食べてお待ち下され♡

神崎メリ●かんざきめり/恋愛コラムニスト。自身の離婚・再婚・出産という経験から「男心に寄り添い、しかし媚びずに、女性として凛として生きる力」を「メス力」と名づけ、それこそが幸せの第一歩だと提唱している。「メス力」について語るブログは月間200万PVを突破。2019年の2月に発売した初の著書『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』(KADOKAWA)は発売前に重版が2回かかるという驚異の売れゆきで話題に。現在、累計6万部(電子含む)を突破している。

ブログ:https://lineblog.me/tokyo_nadeshiko
Instagramアカウント:@meri_tn
Twitterアカウント:@tokyo_nadeshiko