愛やセックスがよくわからない。寄る辺なき私が「つながり」を求めて読んだ1冊の光【読書日記17冊目】

文芸・カルチャー

2020/2/25

2020年2月某日  愛のことが何もわからない。  文筆家として活動するテーマに「家族と性愛」なんて看板まで掲げちゃって、コンプレックスを前面に打ち出して恥ずかしいなと気づいたのは実はすごく最近のことだ。それまでは他人からどう見られているかなんて、気にしているようで全く気に留めていなかった。そんな余裕などないほどに、... 続きを読む