「先輩のためなら…」お疲れな魔女先輩に美園くんがしてあげたこと/『魔女先輩日報』⑧

マンガ・アニメ

2020/4/2

仕事の帰り道、魔法であたためた一杯の缶コーヒーから、ぼくと魔女先輩の関係ははじまった。とくに役にたたない魔法と一緒に都会のかたすみで生きる、魔女先輩とのピュアラブストーリー。






<第9回に続く>

この記事で紹介した書籍ほか