本物の鉄で身を守る! 硬さを追い求め、鉄のよろいを手に入れた巻き貝/キモイけど実はイイヤツなんです。⑩

スポーツ・科学

公開日:2020/7/2

キモイけど実はイイヤツなんです。 怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑

著:
監修:
イラスト:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

見た目がへんな生き物大集合! 大人気YouTubeチャンネル「へんないきものチャンネル」が、新登場の生き物も仲間に加えて1冊の図鑑に。裸で出っ歯なハダカデバネズミは、実は老化知らず? キモい生き物たちのすごい能力や意外な一面が満載の生き物エンタメ本が登場!

『キモイけど実はイイヤツなんです。怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑』(ろう:著、實吉達郎:監修、川崎悟司、バニえもん:イラスト/KADOKAWA)

鋼鉄の巻き貝

よろいをまとったモンスター

スケーリーフット(ウロコフネタマガイ)


プロフィール
名前 スケーリーフット(ウロコフネタマガイ)
学名 Chrysomallon squamiferum
分類 軟体動物
生息地 インド洋
大きさ 体長4cm

何事も辛抱強く続けていれば報われるということわざ「石の上にも三年」、「雨垂れ石を穿つ」。ライバルが陸上に進出する中でもひたすら海底深くでじっと引きこもった、スケーリーフットという巻き貝もそうかもしれないわ。彼らは長年かけて硬さを追い求め続けた結果、ついに「硫化鉄」という本物の鉄を身を守るために身に付けた世にも珍しい生物なのよ! 鉄のよろいをまとって体が重そうよね…。


スケーリーフットはウロコフネタマガイとも呼ばれる、本物の鉄を自身の骨格に活用する珍しい巻き貝です。「熱水鉱床」という様々な元素が溶け込んだ、高温の熱水が湧き出す場所から鉄の成分を取り込むという、恐ろしく賢い生態をしています。しかし、狭い生息域で防御力にこだわりすぎた結果、環境の変化についていけず、絶滅危惧種になってしまいました。

続きは本書でお楽しみください。

この記事で紹介した書籍ほか

キモイけど実はイイヤツなんです。 怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑

著:
監修:
イラスト:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784046048097