「脊髄が切れています。もうあなたは歩けません」失ったものよりも残ったものを大切に/あきらめよう、あきらめよう②

暮らし

2020/7/24

あきらめよう、あきらめよう。そうすれば、どんなときも幸せは見つかります。この困難な時代をしなやかに生きるヒントを語った、シスター鈴木秀子、渾身のメッセージです。さあ、一緒に聖なるあきらめのレッスンをしていきましょう。 『あきらめよう、あきらめよう』(鈴木秀子/アスコム) 失ったものよりも残ったものが大切  私が親しく... 続きを読む