「都会の孤独」を癒やしてくれるのは、何気ない日常のご飯なのかもしれない【読書日記24冊目】

連載

2020年6月某日 真夜中にコンビニに向かう。 電車にもほとんど乗らなくなり、雑踏にもまぎれられず、ファミレスも24時前には閉まってしまう現在の東京で、街が寝静まった深夜にでも迎え入れてくれるコンビニは私が都…

本文を読む