スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常

ビジネス

公開日:2020/8/24

SE女子の日常(1) (グッドバイブス eBooks)

著:
出版社:
グッドバイブス eBooks
発売日:

 普段はラフな服装で仕事をしているシステムエンジニア(SE)でも、年に数回はスーツを着用しなければならないシーンがあるんだとか。元SEで漫画家のぞえさんが、体験談を語ります。

 

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常
絵:ぞえ

【登場人物紹介】

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常
お2人がスーツ着てるので、何事かと思いましたよ~。

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常
絵:ぞえ

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常
スーツ着なきゃいけないから、打ち合わせが余計面倒くさくて………。

スーツを着るのは稀なこと/SE女子の日常
ネクタイの結び方忘れそう……。

 

スーツを着るのは年に1~2回

 システムエンジニアとして働いていたとき、スーツを着て仕事することは稀でした。年に1~2回程度です。

 さすがに出張するときはスーツを着ていましたが、他は滅多に顔を合わせない取引先との対面打ち合わせぐらいです。

 「普段は東京と広島という離れた場所で仕事しているけれど、年に1回ぐらいは顔を合わせて打ち合わせしましょうか」という方針だったため、年に1回ぐらいなら……とスーツを着ていました。

 女性の方が服装の規定がゆるかったのですが、男性も普段からネクタイを締めている方は少数派でした。

 いつもはポロシャツなどのラフな服装をしている上司が、ネクタイを締めてビシッと背広を羽織っている姿を見ると、「あぁ、今日は打ち合わせがあるんだな……大変だな……」と上司の予定が分かることも。

 個人的にはストッキングが苦手なので、ゆるい服装でも問題ない文化はとても助かりました。

漫画・文=ぞえ

この記事で紹介した書籍ほか

SE女子の日常(1) (グッドバイブス eBooks)

著:
出版社:
グッドバイブス eBooks
発売日:

ぞえ

週3勤務でシステムエンジニア、残りは漫画家・イラストレーターとして働いていた元・パラレルワーカー。2019年1月よりフリーランスに。体力がなく、疲れやすい自分でも好きなことをするための方法を探求している。2020年4月に『SE女子の日常』(ふりにちブックス)を刊行。

Blog:「ふりにち」