音楽と漫画、両方の表現を通して。ハイブリッド・ロック・サークル『感傷ベクトル』 春川美咲さんの本棚

2012/6/25

感傷ベクトル・春川美咲さん

<感傷ベクトル・春川美咲>
漫画家&ミュージシャン

ユニット『感傷ベクトル』で漫画の脚本、音楽ではベースを担当し、音楽と漫画両方のジャンルを横断しながら作品を発表し続けている。高校時代に落書きではじめたという青春バンド漫画『ReLive』や、ほのぼのパンク漫画『ワンルームシックノーパンツ』などをウェブや同人即売会で発表。また、『ジャンプ・スクエア』にて『僕は友達が少ない+』を発表。また音楽方面でも、8月3日に『シアロア』がアルバムとしてリリースされる。

インタビュー

――僕らにとって音楽と漫画を同時に発表することは自然なことだった
◆クリエイターになったきっかけ、漫画や音楽を制作するようになったきっかけは?
シナリオを書こうと思ったきっかけは姉の本棚にあった宮部みゆき先生の「レベル7」を読んだことだった気がします。音楽は小学生の時にやった合奏の授業がきっかけになりました。
◆創作活動の中で、心がけていること、大切にしていることは?
自分が面白いと思える物を作ることです。
◆尊敬しているクリエイター、影響を受けたクリエイターは?
・舞城王太郎先生
・ウエノコウジさん
◆今、夢中になっているもの、気になっているものは?
今更ですがディスコ探偵水曜日を読んでいます。面白いです。
◆これからの夢や目標は?
より多くの人に僕らの音を、話を知ってもらいたいです。その上で何かしらの共感をしてもらえたら嬉しいです。
◆感傷ベクトルさんは音楽、漫画という二つの領域から活動されておりますが、なぜ二つの表現を同時に行おうと思ったのでしょうか?また、作品制作に至るまでにどのようにしてアイデアを出しているのでしょうか?
僕も田口も音楽、漫画(僕の場合はシナリオ)はもともと制作していたものなので、それを同時に発表することになったのは自然なことのような気がします。「シアロア」はひたすら田口と会話をすることでアイデアを出しました。前半は存在する曲を基に新しいシナリオを、後半は作ったシナリオを基に曲を作っていきました。
『シアロア』
『シアロア』
代表作:『シアロア』
優等生と問題児がバンドを組んで歩みだしていくまでの顛末を描いた『ストロボライツ』などをはじめ、青春時代の少年少女を中心に描いた短編連作漫画。同名のアルバムが8月3日にリリースされることも決定しており、漫画と音楽両方の世界観がどのように呼応しあっているのかを確かめながら楽しむこともできる。
Webコミック版はこちら