仕組みを作れば自動的にお金は増える! 師匠が教えてくれた、勝手にお金が増えるロードマップとは?/サラリーマンは寝ながらお金を増やしなさい⑤

ビジネス

公開日:2020/9/29

「お金を増やす」仕組みを作って、投資で毎年1000万円の不労所得を目指そう! 投資に才能や努力は必要ありません。必要なのは、自分に合ったお金を増やす方法です。不労所得の入門書から、著者が実体験で得た「お金を増やすためのマインド」をご紹介します。

サラリーマンは寝ながらお金を増やしなさい
『サラリーマンは寝ながらお金を増やしなさい』(加藤鷹幸/秀和システム)

信じる力

「マスター大神、溢れ出るお金への情熱で身を焦がしそうです! 次は、何をしたらよいでしょうか? 早く早く、プリーズ・ギブ・ミー・マネー!」

「鷹幸くん、顔つきが変わったね。本気の男の顔だね! でも、ギブ・ミー・マネーだと『お金、ちょうだい』だから、ゲット・マネーが正しいかな? でもまぁ、どっちでもいっか……。やる気が大切だからね!」

「マスター、ありがたきお言葉、感謝します! 御指導御鞭撻のほど、よろしくお願いします!」

「ギブ・ミー・マネー! ギブ・ミー・マネー!! ギブ・ミー・マネー!!!」

 この日をきっかけに私は、毎月東京に足を運び、マスターから教えを乞いました。

「鷹幸くんのための、お金を増やすことができるロードマップをお見せしよう!」

サラリーマンは寝ながらお金を増やしなさい

「ロードマップは、人の性格や置かれている境遇、資産状況によって十人十色なんだ! 鷹幸くんの状況は事前に聞いてるから、この通りに実践すれば、確実にお金を増やすことができるよ!」

 そう言って見せてくれたマスター大神作成の「鷹幸専用ロードマップ」は、非常にシンプルでした。最初に小型の不動産を持つ、次に金融商品を持つ、さらに資産拡大のために大型の不動産を持つというだけです。

 これにより、資産はどんどん増えていき、自分の目標に到達したら投資はやめて、その資金を生活や趣味など自由に使えばいいというのです。

 実に論理的で、個人個人の能力や運に左右されることがない手法です。

 その代わり、持つ順番と購入する商品を間違えると、スピーディーにお金を増やすことができないから注意するようにと言うことでした。

 しかも、やることは特に何もなく、サラリーマンをしているのであれば、十二分に可能で簡単なんです。私のような面倒くさがり屋でもまったく問題なく、社会人として会社に毎日出社できる能力があれば大丈夫です。

「マスター! 疑問に思ったのですが、なぜにこの手法を多くの人は実践しないのでしょうか? 話を聞けば聞くほど、シンプルで私のようにそれほど能力値が高くない人間でもできる方法だと思います。毎日出社できる能力があればできるとは……。正直、中学生でもできる気がしました!」

 私は、こんなに簡単なことでお金が増えるのか、本気で疑問に思ったのです。

「鷹幸くん、信じる力って聞いたことないかな? 昔からのことわざで、『病は気から』『信じるものは、救われる』とか聞いたことないかな?」

「聞いたことがあります。自分が病気だと思い続けたら、本当に病気になってしまったとか、うつ病とかも自分の居場所がないと思い込んだり、自分は嫌われていると思い込むとなると言いますもんね」

「それだね! 逆にポジティブな方向だと『プラシーボ効果』と言うんだ。薬ではないデンプン粉などを薬だと思い込ませて治療に用いる自然療法が有名だよね。患者は、薬だと信じ込むことでデンプン粉(偽薬)を飲んでいるうちに、本当に病気が治るんだよ!」

「あっ、私にもその経験あります。学生時代に友人とご飯に行ったんですが、正直、相当飲むやつで……焼酎のロックばかり頼むんです……。会計は割り勘なのでご飯代(お酒代)がかさみそうだったんです」

 私は、学生時代の出来事をふっと思い出しました。

「奴は酔ってきてたので、焼酎に内緒で水を入れてロックということにしたんです。それでもロックだと思って飲んで、さらに酔うんです(笑)。面白くなってきたんで、最後は水と氷だけにしたんですが、気づかずに『焼酎ロックは効くね!』と喜んでいました!」

「鷹幸くん、それだよ! 水をお酒だと思い込む。それこそ、まさに『プラシーボ効果』だね! 信じる力は、懐疑的だとうまく働かない。人間の脳は、信じきることで秘められた能力を発揮するようにできているんだ。そして信じる人には、周りがどんどん手を差し伸べてくる!」

「ただ真似るだけじゃあ、ダメなんですね!」

「私がこの投資手法を教えたとしても、この手法を、そして、私のことを信じ続けなければ、絶対に成功はありえないってことなんだ!」

「信じない人が多いんですか?」

「鷹幸くんもちょっと疑問に思ったよね? 言い換えれば、疑心暗鬼になったんだよ」

「マスター、すいません。その通りです」

 私は、深々と頭を下げた。マスター(師匠)を崇めると決めたにも関わらず、すぐに疑ってしまった。そんな自分が恥ずかしかった。

 私の好きなスターウォーズの映画のワンシーンで、Xウィングを持ち上げたヨーダに驚くルークと、ヨーダの返事のシーンを思い出した。

 ルーク・スカイウォーカーが「I don’t… I don’t believe it.(信じられません)」と言うと、「That is why you fail.(だから失敗したのじゃ)」とマスター・ヨーダが答える場面です。

 フォースを信じないで、何を信ずるのだということです。信じれば、フォースは共にあるので、ルークを導いてくれるのです。

 私がルークだとすると、大神くんがマスター・ヨーダで、大神くんが教えてくれる手法がフォースです。

 マスター大神が言うには、手法を教えても、ほとんどの人は師匠に対して疑心暗鬼になって、ダークサイドに堕ちる(現状を変えることができない)そうです。

・本当にうまくいくのかな?
・もっと近道がないかな?
・もっと早く成功する方法はないかな?
・大神さんって信じられる人なのかな?
・この手法は嘘だ!

と言った具合で、せっかくお金が増える『動く歩道』に乗ったとしても自ら降りたり、動かないように抗ったり、先に行こうと動き過ぎたり、あげくには逆走し始めると言います。

・自ら降りる
→行き先不明となる

・動かないように抗う
→現状維持となる

・先に行こうと動き出す
→危険な投資に手を出す

・逆走する
→今よりも悪化する

 先ほどの私の発言もそうですが、人間の心は非常に弱く、一度決めたことでもすぐに近くにいる人やネットなどの情報に影響されてしまいます。

 影響について、具体的に見ていきましょう。

 あなたは自分の周囲にいる人や環境によって、心地良さ、食べ物の味といった感覚が、大きく変わるという事実を経験したことがあるはずです。

 仲の良い学生時代からの仲間とビアガーデンで飲むビールと、嫌いな上司がわんさわんさいる会社の飲み会で飲むビールでは、たとえ、それがまったく同じビールだったとしても、味は異なりますよね。後者のビールは、まずいはずです。

「この『動く歩道』の手法を信じていても、会社の同僚や家族と一緒に過ごしているとだんだん信じられなくなってしまう。これが影響を受けると言うことだ!」

「周りの人をすぐに変えることは難しいです……。どうすればいいんでしょうか?」

「手法を実践するときは、何も考えずに淡々とやることが大切なんだ。叔父さんには『警察犬になれ』って言われたんだけど、その通りだと思う」

『警察犬になれ』とは、警察犬は主人の命令には忠実に従い、言われたことしかやらないということです。

 目標に到達するまではマスター(師匠)の言う通りに、何も考えずにいることが大切という意味です。

「正直に言って、この手法は、鷹幸くんが言う通り『動く歩道』なんだ。何もしないで乗っていれば勝手に目的地に着くんだよ。でも、勝手に動くことが一番の問題なんだ。動くなと言うと、動きたくなるのが人間の性だからね!」

「だから、世の中の多くの人がお金を増やすことができないんですね!」

「その通り! 師匠の言う通りに信じて実践すれば、後は自動的にお金がお金を増やしてくれるから!」

「マスター! 動かなくても自動的になんて、めちゃくちゃ良い響きですね! 自動化! 勝手に増える! なんだかワクワクしますね!」

「ではさっそく実践していこう! 仕組みを作れば自動的にお金は増えるだけだから!」

 鷹幸の中の『鷹』は、信じるべき鷹匠(鷹使い)と出会いました。

続きは本書でお楽しみください。

【こちらも読みたい】
▶サラリーマンは「組み合わせ投資」がオススメ! 誰でも実践できる不労所得を得る方法

この記事で紹介した書籍ほか

サラリーマンは寝ながらお金を増やしなさい

著:
出版社:
秀和システム
発売日:
ISBN:
9784798060903