「普通にいい」「ナシよりのアリ」…あいまいな若者言葉に透けて見える処世術とは/突然辞める若者②

ビジネス

公開日:2020/10/13

職場の若手社員はなぜ突然「来月で辞めます」と言うのか? なぜこれまでの常識が通用しないのか?
若者の働き方研究の第一人者・平賀充記さんの著書『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)から「若者の価値観がわかるキーワード」や「オトナと若者の意識のギャップ例」を紹介します。

「自分的には普通にいい」? 自己表現は、限りなく曖昧なグレー

「このパスタ、普通においしくない?」最近、こうした表現をよく耳にします。しかしよく考えたら「普通においしい」って、「ちょっとおいしい」でもなく「意外とおいしい」でもなく、非常に曖昧な表現です。

他にも曖昧な表現は増えています。「ナシよりのアリ」とか「アリよりのナシ」とか。またツイッターでは「わかりみが深い」という言葉をよく見かけます。これは単に「わかる」と完全に言い切らないときに使う言葉のようです。

実は、何かを評価する際に使う若者言葉が、どんどん曖昧化しているのです。いいとも悪いとも言い切らない、断定はしない。これも、他人に見られていることを前提にした、過剰な忖度が背景にあります。

オンラインの世界では、「2ちゃんねる」にせよ「食べログ」にせよ、ひとつの話題に対してさまざまな意見や評価があふれています。そんな中ではっきりと断定するには勇気がいります。誰にも否定されないように無難に答える、何ごとにもエクスキューズの余地を残すことが若者の処世術なのです。

#マイルディング

「この新しいPOP、どう思う?」「自分的には普通にいいと思いますけど……」この「自分的には」や「普通に」といった表現には、発言の主体性を薄くしようという心理が透けて見えます。オトナからすると、言いたいことがよくわからないとか、自己主張が希薄だと思えるかもしれません。

しかし彼らは決して「ストレートな自己表現が苦手」なのではなく、「あえて封印している」のです。本音は、しっかり持っています。

【関連キーワード】

#ニュアンスコンシャス #曖昧ME #あえての封印 #ナシよりのアリよりのナシ…アレ、どっちだっけ?

【次回に続く!】

この記事で紹介した書籍ほか

なぜ最近の若者は突然辞めるのか

著:
出版社:
アスコム
発売日:
ISBN:
9784776210238