情報過多な現代で自分を信じるための炭治郎の言葉。自分の人生を“鬼”に支配されないために…/『鬼滅の刃』の折れない心をつくる言葉 ④

暮らし

公開日:2020/10/27

「鬼滅の刃」がヒットした理由は、自分の弱さと向き合い、葛藤し、それでも立ち上がろうとするキャラクターたちの“折れない心”にあるのではないでしょうか。そんなキャラクターたちが放った“言葉の力”に注目した1冊から、『鬼滅の刃』で生まれた8つの名言をご紹介します。

「鬼滅の刃」の折れない心をつくる言葉
『「鬼滅の刃」の折れない心をつくる言葉』(藤寺郁光/あさ出版)

「鬼滅の刃」の折れない心をつくる言葉

 胡蝶しのぶの屋敷での機能回復訓練が終わり、お世話になった人へお礼を言って回る炭治郎。しのぶの継子であるカナヲに話しかけるも、まったく返答がなく困惑していると、カナヲは突然コインを天に投げて手の甲に落とします。コインの表が出ると「さよなら」と言い、それきり感情が消えたように何も話しません。炭治郎がその理由を聞くと、「指示されていないこと以外は自分で決めず、コインで決める」と返します。それを聞いたとき、炭治郎がカナヲに言った言葉です。

 

 あなたは何かを決めたり選択したりするとき、意思決定は早いほうでしょうか。

 

 よく「情報量が多すぎて、正しい判断ができない」や、「自分の意思がないので、情報に惑わされて流されてしまう」と言う人がいます。

 誰でも自由に情報発信できるいまは、情報の出所が同じであったとしても、結果としてまったく真逆の意見を言っていたりすることが少なくありません。何を基準にして判断したらよいのか、迷ってしまいますね。

 

 では、いまのような情報があふれている時代で、情報に惑わされないために大切なことはなんでしょうか。

 それは、自分の感覚を信じることです。

 自分の感覚を信じる人は、判断するのが早いので、行動に移すのも早くなります。そして、行動するのが早いぶん、優れた成果をのこせるのです。

 

 一方、自分を信じられず周りに影響されてしまう人は、右往左往してなかなか選択ができず、立ち止まってしまうことも少なくありません。

 失敗したくないから、たくさん調べてから判断したいと思う人もいるかもしれません。

 しかし、たくさん調べて判断しても、結果的に間違った選択をしてしまったら、痛手を負うとともに正解へと到達するのに、多くの時間を費やすことになります。

 たとえ結果的に間違った選択をして失敗しても、行動に移すのが早ければ早いほど、リカバリーする時間も生まれるのです。

 

「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている」という言葉をのこしたエジソンは、失敗しても自分を信じ抜いたことで成功をつかみました。

 結果がどうであれ、誰かを信じて任せることが自分の幸せで満足できるなら、それでいいかもしれません。でも、うまくいかなかった場合、自分の結果だと思えないなら、選択を誰かに任せて自分の人生を誰かに預けることはやめましょう。

「自分を信じて自分で決める」。

 そういう生き方をすることが、自分の人生を“鬼”に支配されない第一歩なのです。

<第5回に続く>

【こちらも読みたい】
▶『鬼滅の刃』に学ぶ「折れない心」を作るヒント

この記事で紹介した書籍ほか

「鬼滅の刃」の折れない心をつくる言葉

著:
出版社:
あさ出版
発売日:
ISBN:
9784866672175