「嘘だろ…これ僕がやったのか!?」メモに書かれていた通りに倉庫へ向かうと、そこには!【ウラオモテ⑬】/バラシ屋トシヤの怖い話

2分で読める
連載

誰しも他人には見せられない、自分しか知らない裏の顔がある。でも、自分も知らない本当の自分がいたとしたら…。「ウラオモテ」第13話をお届けします。温厚な性格の碇川だが、ある日キレやすく残忍な性格の別人格の…

本文を読む