8割の人が「赤」だと思っている東京タワーの本当の色は? 名称はどうやって決まった?/毎日雑学

暮らし

公開日:2020/11/19

8割の人が「赤」だと思う東京タワーの本当の色は? 名称はどうやって決まった?/毎日雑学

 今回はあまり知られていない「東京タワー」にまつわる興味深い雑学を紹介します。

 東京のシンボルである東京タワーですが、実はほとんどの人が東京タワーの色について勘違いをしています。東京タワーの色をイメージした時に、多くの人が「赤」をイメージするかもしれませんが、実は東京タワーは赤色ではないのです。

 それでは、実際に東京タワーは何色をしていると思いますか?

 

東京タワーの色は赤ではない

 東京タワーが実際に何色をしているのかというと、実は正解は「オレンジ色」なのです。遠くから見ていると赤色に見えるかもしれませんが、近づいて確認するとオレンジ色であることが確認できます。

 ちなみに、東京タワーの色をずっと「赤」だと誤解していたとしても、恥ずかしいことではないようです。なぜなら、東京タワーの運営を行っている日本電波塔株式会社が実施した「東京タワーに関する認識調査」によれば、8割の人が東京タワーの色を「赤」と答えたそうです。

 なお、東京タワーがオレンジと白のツートンカラーになっている理由は、飛行機などから見えやすい色となっているからだそうです。

8割の人が「赤」だと思う東京タワーの本当の色は? 名称はどうやって決まった?/毎日雑学

 

東京タワーの色の配置は昔と違う

 現在の東京タワーのオレンジと白のツートンカラーの配置は、実は建設当初とは違います。現在のように色が交互に配置されていることには変わりありませんが、昔の東京タワーはオレンジと白が11等分になるように塗られていました。現在ではオレンジと白が7等分になるように塗られています。

 なぜ、このように色の配置が変更されたのかというと、先ほど紹介した「飛行機からの見えやすさ」に関係があります。昔は11等分でも飛行機から充分に視認しやすかったのですが、時代が変わって高層ビルが立ち並ぶようになり、少しずつ見えづらくなりました。そのため、飛行機からより東京タワーを視認しやすくするために、現在の7等分の色の配置に変更されたのです。

 

東京タワーのおまけ雑学

 最後に東京タワーにまつわるおまけの雑学を紹介しましょう。

 現在ではすっかり「東京タワー」の名称でお馴染みとなっていますが、他の名称になる可能性もあったのです。東京タワーの名称は一般公募によって決まったことをご存じでしょうか? 一般公募の中には「マンモス塔」「エターナルタワー」「エンゼルタワー」などの候補もあり、これらの名前になる可能性もあったわけですね。

 そして、最も投票数が多かったのは「昭和塔」で、順当にいけば東京タワーは「昭和塔」になる予定でした。しかし、名称の選考に参加していた徳川夢声の一声によって、昭和塔ではなく東京タワーになったとされています。

 以上が東京タワーの色は赤ではないなど、東京タワーにまつわる雑学でした。

 

まとめ

 日本人の8割の人が色を「赤」と誤解しているが、東京タワーの配色は「赤と白」ではなく、実は「オレンジと白」が正しい。

 飛行機のパイロットから東京タワーを視認しやすくする工夫としてオレンジと白の配色が採用されている。

 昔は11等分でオレンジ色と白色が配置されていたが、周囲に高層ビルが立ち並ぶようになったことから、7等分へと色の配置が変更された。

 現在は「東京タワー」という名称で定着しているが、一般公募には「マンモス塔」「エターナルタワー」「エンゼルタワー」など様々な名称の応募があった。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

雑学.com

※この記事は雑学.comから提供を受け作成しています。