「荷物が重い…!誰か…」走っても走っても家に辿りつかない!/百鬼夜行抄⑤

2分で読める
連載

ふつうの人には見えない妖魔を見る力を持つ律。彼とさまざまな妖魔との出会いが、不可思議な日常を織りなしていく――。祖父が友人に貸していた本と一緒に、律は“あるもの”を持ち帰ろうとする。そんな律を狙って、妖…

本文を読む