まだ17歳の才能あふれるボーカロイドP。椎名もたさんの本棚

2012/7/10

椎名もたさん

<椎名もた>
ミュージシャン

ニコニコ動画ではぽわぽわPという愛称で親しまれているボーカロイドPである。14歳の頃からDTM(パソコンによる音楽制作)を始め、2009年にニコニコ動画にボーカロイド楽曲を投稿。以降、『ストロボラスト』・『ハローストロボ』・『アストロノーツ』などが注目を浴び、2012 年3月には、GINGAレーベルより初の商業アルバム『夢のマニマニ』をリリース。そして、7月25日に南波志帆4fhアルバム『髪を切る8の理由』の特別購入CDに楽曲提供している。若いながらも現在注目を集めるボーカロイドPである。

インタビュー

――エレクトロニカを作っているという感覚はない
◆クリエイターになったきっかけ、漫画や音楽制作するようになったきっかけは?
ニコニコ動画にネタ動画目当てでアカウントを登録したところ、「初音ミク」というものを発見。「初音ミクってなんだろう?」という疑問からたどり着いた単語が「DTM」。自分もやってみたいという単純な好奇心から始まりました。
◆創作活動の中で、心がけていること、大切にしていることは?
ちゃんと寝ることです
◆尊敬しているクリエイター、影響を受けたクリエイターは?
宇多田ヒカル、サカナクション、ハヌマーン、スクエアプッシャーです。ばらばら。
◆今、夢中になっているもの、気になっているものは?
ポケモンです。あと最近日記をつけるようになりました。
◆これからの夢や目標は?
かっこいいスタジオがほしいです。かっこいいやつ。
◆ぽわぽわPさんの楽曲は名前にもある通り、落ち着いたエレクトロニカ作品などが代表的ですが、なぜそうしたスタイルの楽曲を製作するのでしょうか?また、作品のアイデアはどのようにして生み出しているのでしょうか?作品制作の経緯含めて教えてください。
エレクトロニカを作っているという感覚は一切無いです。ロックが好きです。エレクトロニカももちろん好きです。狙ってものを作ることがまったく出来なくて、アウトプットされたものが勝手にそうなっちゃう感覚が強いです。作品のアイディア、テーマ等は漫画からのインプットが多いですね。

 

【初音ミク】ストロボラスト【オリジナル】
代表作:【初音ミク】ストロボラスト【オリジナル】
冒頭の激しいドラムサウンドから、ピアノと電子音楽の精緻なリズムへと急転換し、そこからギターサウンドが介入していくという一連の流れには、椎名もた氏の様々な音楽からの影響と、それを一曲の中にあますことなく盛り込もうとする熱意を見ることができる。初音ミクの透明感あふれる声もまた魅力的な作品。