夢という十字架/巴奎依の社会不適号㉖

連載

小学生の頃の夢は、「芸能人になること」でした。 当時の私はというと、現在の片鱗は見えつつも、とにかく気が強くて、いつでも悪目立ちをしていたように記憶しています。 昔から視力が悪いこともあって、遠くの物…

本文を読む