子どもの短所をいじってしまう原因のひとつは「ママのイライラ」/子どもの長所を伸ばす5つの習慣②

出産・子育て

公開日:2021/6/16

子どもの長所を伸ばす5つの習慣

著:
出版社:
集英社
発売日:

石田勝紀著の書籍『子どもの長所を伸ばす5つの習慣』から厳選して全7回連載でお届けします。今回は第2回です。これからの時代、特に子どもに必要とされる「個性」を伸ばすために必要なこと、長所を伸ばす子育てとは何か? その意義と具体的な方法について、わかりやすく指南してくれる一冊です。

「子どもの長所を伸ばす5つの習慣」を最初から読む


子どもの長所を伸ばす5つの習慣
『子どもの長所を伸ばす5つの習慣』(石田勝紀/集英社)

短所いじりの原因はイライラにある?

「何度言ったら着替えるの!」
「また遅刻するわよ」
「片づけないなら、もうぜんぶ捨てちゃうからね!」
「なぜもっと早くプリントを見せないの?」
「高い月謝を払ってるのに、こんな問題ができないわけ?」
「早くお風呂に入りなさい!」
「お姉ちゃんはできたのに、ね」

 子どもを大切に思うがゆえに、口をついて出てくるネガティブな声がけ。自分から勉強をして、時間をきちんと守り、身のまわりのことをこなしてくれたら「短所いじり」はなくなるかもしれませんが、目の前にいる子どもの姿はたいてい違っています。

 

 勉強をしない。時間を守らない。身のまわりのことができない。理想と現実の違いが大きいほど、短所いじりの回数も増えていきます。ところが、子どもというのは、言えば言うほど親の言うことを聞いてくれません。ママのイライラはどんどん蓄積し、また新たな「短所いじり」が始まってしまいます。

 

 私はこれまで、講演会や「ママカフェ」(少人数制カフェスタイル勉強会)などを通して、数多くのママさんたちとじかにお話をしてきました。

 7500人を超える現役ママさんたちとざっくばらんに話してわかったことは、子どもの短所をいじってしまう大きな原因のひとつは、「ママのイライラにある」ということです。

 

 日常のイライラについてママたちにアンケートをお願いしたところ、次のような答えが返ってきました。

Q 子育てでどんなときにイライラを感じますか?

「時間がないのに、ダラダラして支度を始めない」
「部屋を自分で片づけない」
「いくら言っても勉強しない」
「ゲームばっかりやっている」
「仕事で忙しいのに、家事がたまっているとき」
「同じ失敗を何度もして、ケロリとしている」
「服を脱ぎっぱなし」
「テストの点数が悪過ぎる」
「やると決めたことをやらないでサボる。約束を守らない」
「食べるのが遅い」
「整理整頓ができない」
「また兄弟げんか」
「提出物をギリギリまで出さない」
「散らかし放題」
「すぐ泣く。泣けば何とかなると思っている」
「早くしなさいと言わないでおこうと我慢しているとき」

 

「子どもが思うとおりにやってくれない」「自分の思うようになってくれない」という不満が、日ごろからママたちの心に根深くはびこっているのがわかります。

 こんなことが引き金でイライラ状態になると、ただでさえ気になっていたわが子の短所がいっそう際立って見えて、もう黙ってはいられなくなる。ママが噴火する瞬間ですね。

 

「頭ではわかっているけど、今日もガミガミ怒鳴ってしまった。しばらくして冷静になると、自分が吐いた言葉がイヤになって自己嫌悪に陥ります。でも次の日になると、またガミガミとお説教をしているんです」

 それは、子どもをきちんとしつけなければならないという使命感と、わが子をまっとうで恥ずかしくない人間に育てたいという願望が相まっての「親ならではの教育的指導」にほかなりません。

 

 しかし、親がこんなふうにイライラしているとき、子どものよいところを見つけられるでしょうか?

 

 せっかく使命感を持って子育てをしていても、子どもの長所が見つからなければ、残念ながらその子の才能はそこで頭打ちとなってしまいます。いずれ親元を離れてから自分で才能を開花させるケースもありますから断言はできませんが、少なくとも短所いじりをする親の下では、子どもの才能が開花することはまず見込めません。

<第3回に続く>

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

子どもの長所を伸ばす5つの習慣

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784087900149