「今日学校どうだった?」は今日から違う言い方に。ポジティブな感情とネガティブな感情の理想の比率は?

出産・子育て

更新日:2021/7/8

子どもの心を強くする すごい声かけ

著:
出版社:
主婦の友社
発売日:

 テストで失敗したり、大事な試合でミスしたり、お友だちと喧嘩したり…子どもたちの心というのはなにかとダメージをうけて傷つきやすい。親としてやさしく励ましたつもりが「自分には無理!」と逆ギレされてしまうことも…。そんなとき親がかけるのにふさわしい「声かけ」ってあるの?

「ストレスに弱い、自信がない、すぐあきらめる子でも大丈夫! 心が弱いと思える子ほど、親の声かけでどんどん変わります」というのは、書籍『子どもの心を強くする すごい声かけ』(主婦の友社)の著者・足立啓美先生。ポジティブ心理学の専門家である足立先生によれば、親は子どもが抱いたネガティブ感情を否定せず、「(それを)どう受け止め、どう声かけをするか」に注意するといいそう。その結果次第で「レジリエンス」(=逆境や困難で折れたりへこんだりしても、そこから立ち直るしなやかな心の強さ)を育てることができるといいます。

 本稿では、本書から一部抜粋して、「ポジティブ感情の共有が家族の接着剤になる」ことについてご紹介します。

子どもの心を強くする すごい声かけ
『子どもの心を強くする すごい声かけ』(足立啓美/主婦の友社)

ポジティブ感情の共有が家族の接着剤になる

「ネガティビティ・バイアス」のおかげで、私たちはどうしてもネガティブな出来事や感情に引きずられがちです。ここから抜け出すためには、日々の生活の中で、子どものポジティブな出来事に目を向ける習慣をつくっていくことが大切です。

 たとえば、「今日学校どうだった?」という声をかける親御さんは多いと思いますが、今後は「今日どんな楽しいことをした?」「どんなうまくいったことがあった?」と子どものポジティブ感情スイッチをオンにする質問も加えてみましょう。さまざまな出来事の中でも、ポジティブな感情を感じた出来事を思い出すことができるからです。もちろん、嫌な出来事や悩み事についても話ができることは大切です。ただ、話のすべてが嫌なこと中心にならないよう、意識的にポジティブな側面を見る意識を育てていきましょう。

 また、「夜寝る前に今日うれしかったことやよくできたこと、感謝したいことなどを三つ浮かべてみよう」というのもポジティブ心理学では有名なワークです。

 うまくいかないことや不足していることを嘆くのに時間を費やすのではなく、うまくいっていることや手にしていることに意識を向けてポジティブ感情を味わっていくことは、抑うつを減らし、幸福感が向上することにつながります。子どもの一日の最後をポジティブ感情で締めることができる、とてもおすすめの習慣です。

 

 ポジティブ感情の特徴の一つに「ネガティブ感情に比べて微弱であり、シャボン玉のようにすぐに消えてしまう」という傾向があります。ですから、ポジティブ感情こそ、一度生じたらしっかりと大切に「味わう」時間を持つことが大切です。「ポジティブな経験をしっかりと味わうことができる力は、幸せにつながる必要不可欠な要素である」と、アメリカの心理学者であるマーティン・セリグマン博士は述べています。

「ポジティブ感情を味わう」ということは、「集中する」ということです。おいしい食事をゆっくりと味わうこと、友達の話にじっくりと耳を傾けること、好きな音楽を聴くことなど、現在行っていることに集中することで、ポジティブな感情をじっくりと味わうことができます。お子さんと一緒に楽しいことをしているときは「楽しいね〜」と、その気持ちを一緒に味わってみましょう。

 テレビを見ながら上の空で食事をしたり、スマホをいじりながら家族や友人と会話をしたり……結果、何を食べたのか、どんな会話をしたのかもあまり覚えていない、ということが多くなってはいないでしょうか。目の前の楽しみに集中することを、ぜひ一日に数回でいいので実践してみてください。

 

 楽しい思い出にひたったり、未来の明るい予定について考えることも、ポジティブ感情を味わうことにつながります。家族の楽しい出来事の写真を一つのアルバムにまとめて、いつでも見られるようにしたり、わくわくするような家族旅行の計画を子どもと一緒にしたりするのもよいでしょう。

 一緒に笑い、喜び、楽しむ経験を重ねることは、親子の関係性を強めることにもつながります。家族がトラブルに見舞われたときにも、ポジティブ感情を一緒に味わった思い出が家族を結ぶ絆となってくれるはずです。

 ポジティブ感情にさまざまな利点があるといっても、毎日の生活のすべての時間をポジティブ感情で満たすのは、現実的ではありません。大切なのは、その比率なのです。バーバラ・フレドリクソン博士は、「重要なのは、ポジティブ感情の量ではなく、ネガティブ感情に対する割合である」と述べています。

 ポジティブ感情のメリットを得るための分岐点は、ポジティブ感情とネガティブ感情の比率が3対1であるといいます。つまり、一つのネガティブ感情に対して、3倍以上のポジティブ感情を感じることで、ポジティブ感情の上昇スパイラルに乗っていくことができるのです。

 子どもに対してネガティブなことに注目したような声かけをしたと感じたら、その3倍ポジティブな側面を探して、声かけをしてあげましょう。

<第3回に続く>


「子どもの心を強くする すごい声かけ」をAmazonで読む >

「子どもの心を強くする すごい声かけ」を楽天ブックスで読む >

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

子どもの心を強くする すごい声かけ

著:
出版社:
主婦の友社
発売日:
ISBN:
9784074473045