それは必ず定刻にやってくる。家中に響き渡る目覚まし時計と、迫り来る怪獣の足音/ぼくとフキゲンな怪獣と

マンガ

更新日:2021/9/7

 自分の親、夫の親、祖父母となど…。さまざまな同居の形があれど、核家族で暮らすことが多い今の日本では、同居する情景が見えてこない人もいるかもしれません。

 イトウハジメさんが描く同居風景は、温かな雰囲気と作者の姪っ子であるふーちゃんの愛らしさ、その日常の1コマがインスタグラムでも話題に! 三代が同居する我が家。妹夫婦に新しい家族が増え、無邪気な姪っ子姉妹に振り回される大人たち。泣いたり、怒ったり、笑ったり――フキゲンな姿までもが愛おしい。姪っ子たちへの溺愛っぷりがだだ漏れの、心が温かくなるエッセイ漫画です。

 数分前に眠りについたぼく。でも心配ない、もうすぐ天然の目覚まし時計が鳴る。ぼくはまどろみながらその声を聴く。そしてほどなく怪獣の足音がやってくるのだ――。こうして、我が家の1日は動き出す。

※本作品は、イトウハジメ著の書籍『ぼくとフキゲンな怪獣と』から一部抜粋・編集しました。

ぼくとフキゲンな怪獣と

「ぼくとフキゲンな怪獣と」を楽天Kobo(電子)で読む >

「ぼくとフキゲンな怪獣と」をRenta!で読む >


この記事で紹介した書籍ほか