「土星の輪っかを見たことがある?」天文台で働く少女の兄から声を掛けられ、まよわが望遠鏡を覗くと…/夢想のまち⑦

マンガ

更新日:2021/9/2

夜の羊雲著の書籍『夢想のまち』から厳選して全7回連載でお届けします。今回は第7回です。海の見える街「雲ヶ浦」に、ひとりの少女・楠まよわが引っ越してきた。まよわがその街にやってきた目的とは? 不思議な街で送る、まよわのまぶしくてほの暗い日常の物語。天文台で働いているという少女の兄から声を掛けられ、望遠鏡を覗くよう促されたまよわ。まよわが目にしたのは――。

『夢想のまち』を最初から読む


夢想のまち

『夢想のまち』を楽天Kobo(電子)で読む >

『夢想のまち』をRenta!で読む >


この記事で紹介した書籍ほか