足に謎のボコボコ、青い血管がウネウネ…。「下肢静脈瘤」の原因と改善方法とは?/下肢静脈瘤の治し方①

健康・美容

公開日:2021/8/10

血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

 広川雅之著の書籍『血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第1回です。足に謎のボコボコができる、青い血管がウネウネする…そんな症状で悩んでいませんか?下肢静脈瘤は、足の静脈の弁が壊れて起こる病気です。推定患者数は1000万人以上とされており、きちんとした医療機関で診察を受け、正しく治療をすれば改善されます。血管の名医でもある広川雅之先生が、「下肢静脈瘤のセルフケアと最新治療」をご紹介します。

血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方
『血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方』(広川雅之/KADOKAWA)

血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方

 里見さんは60代の主婦。足に血管が浮き出ていることを娘に指摘され、テレビで見た下肢静脈瘤では? と思い、広川先生のクリニックにやってきました。

むくみやだるさ、見た目の悪さはどうして起こる?

広川先生「今日はどうされましたか?」

里見さん「娘に『お母さんの足、血管が浮いてあざみたいになってるよ』といわれたんです。前にテレビでやってた『下肢静脈瘤』じゃないかと思って心配で」

advertisement

広川先生「血管が浮いているのはいつ頃からですか?」

里見さん「わかりません 。自分の足の後ろ側なんて見たことがないので、気がつかなくて」

広川先生「足のむくみやだるさなど、気になる足の症状はありますか?」

里見さん「足はむくみますね。重だるいときもあります。パートでレジ打ちをしているから、立ち仕事のせいかなと思って。それと、関係ないかもしれませんが、ときどき寝ているときに足がつって、目が覚めてしまうこともあるんです……」

広川先生「それは辛いですね。立ち仕事の方のむくみのお悩みは多いんですよ。では、足を触らせてください。けっこうむくんでますね」

里見さん「はい。靴下の跡がくっきりつきます」

広川先生「血管が浮いているのは下肢静脈瘤ですね。触ったところ、けっこうむくんでいます。これも静脈瘤のせいだと思います」

里見さん「やっぱり下肢静脈瘤なんですか」

広川先生「下肢静脈瘤は間違いありませんが、どの静脈が問題なのか、今感じていらっしゃる足の不快な症状が静脈瘤のせいなのか、詳しく検査をする必要がありますね」

里見さん「どんな検査ですか?」

広川先生「超音波検査、エコーと呼ばれている検査です。おなかの検査でも行う、ゼリーを塗って、皮膚の上から機械を当てる検査です。まったく痛みはないので、心配いりませんよ」

里見さん「どのくらいの時間がかかりますか?」

広川先生「見落としがあってはいけないので、専門の検査技師が30~40分ほどかけて、両足をじっくり診断します」

おもな診療の流れ

【問診】
・どのような症状があるか
・どうしたいか(見た目や症状の改善)
・生活状況

【視診】
・足のむくみや静脈瘤の状態
・湿疹や色素沈着など皮膚の状態

【触診】
・足のむくみの程度
・皮膚の硬さ
・熱感
・痛みがあるか

【超音波(エコー)検査】
・弁の異常の有無
・静脈の走行や太さ

【下肢静脈瘤を診断】
・下肢静脈瘤があるか否か
・下肢静脈瘤の場合、軽症・中等症・重症のいずれかを診断

【セルフケアor根本治療】
・軽症であればセルフケアを指導。根本治療(血管内治療等)は医師の判断のもと、患者の意向にそって行う

〜エコー検査後〜

広川先生「下肢静脈瘤はありますが、軽症ですね。むくみや足のつりの原因は、静脈瘤によるものかもしれませんが、セルフケアでよくなると思いますよ」

<第2回に続く>

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784040007007