SUPER BEAVER渋谷龍太のエッセイ連載「吹けば飛ぶよな男だが」/第2回「そういうもんなんです」

エンタメ

公開日:2021/8/27

 ロックバンド・SUPER BEAVERのボーカル渋谷龍太。全国各地を駆け巡り、音楽で人の心をつかんでいく彼の日常とは…。ステージを降りた渋谷龍太の生活の中で生まれた心のさざ波をつづる、くすっと笑えてちょっぴり共感できるエッセイ。

 以前友人と乾杯していた折に、それぞれの仕事の話になった。

 まだ2杯目だというにも拘らず目の前で茹で蛸のように赤くなっている彼は、同じ居酒屋で共にアルバイトをしていた仲間だ。20代前半から30歳を目前にするまでの長い間、我々は一緒に働いた。

 幾つかの仕事を経験したそのノウハウを活かして(本当のところ活きているのかは謎)、マーケターという耳馴染みの少ない職についた彼は、仕事の話題と女の子の話題のその隙間で、不意に私に訊いた。

advertisement

「で、お前、年収幾らもらってんの」
 私は飲んでいたビールを吹き出しそうになった。「いや、お前さ」
「ん?」
「いくらなんでも、そういう質問は失礼だろ」
「そうかそうか、ごめん、あはは」
「あはは」

 我々はその後しばらく飲んで、割かし健全な時間に解散した。友人は終電に乗るため駅に、私は酔いを覚ますために家路を歩いて帰った。

 久しぶりの会合であったために話に花が咲いた。学生時代に出会っていてもきっと仲良くはならなかった類の男だが、初めの段階からどういうわけだか打ち解けることが出来た。それからバイト先で長い時間を共有することになり、互いに仕事でご飯を食べていけるようになった今でも交流があるというのは不思議なものだ。

 偶然にも交わった人生がそれぞれに一生懸命歩いている今を、なかなかに面白いものだと思えた素敵な夜だった。

 車の通りが少なくなった明治通りを歩く。素敵な時間の余韻は夜風に吹かれて、私の思考を徐々に他のところに移していった。

「お前、年収幾らもらってんの」

 先ほどの会話が、どうにも気になる。

 彼はあの時、然もありなんという様子で私に聞いた。正直、あけすけによくもそんなことが言えたものだと目の前の男に対して思ったし、デリカシーを欠いたやつだ、とさえ思った。私は口に含んだビールの逆流を制して、これがまともな社会人です、といった具合に姿勢を正して返答したのであった。

「いくらなんでも、そういう質問は失礼だろ」

あわせて読みたい

渋谷龍太●1987年5月27日生まれ。SUPER BEAVERのボーカル。2005年にバンド結成、2009年メジャーデビュー。2011年レーベルを離れ、インディーズで活動を開始し、年間100本のライブ活動をスタート。大型フェスにも参加し、2018年には日本武道館単独公演を開催。2019年に兵庫・ワールド記念ホールと2020年1月には東京・国立代々木競技場第一体育館で初のアリーナ単独公演を開催。チケットを即日ソールドアウトさせる。結成15周年を迎えた2020年4月にメジャー再契約。2021年、“愛しい人”がドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)の主題歌に、新曲“名前を呼ぶよ”が映画『東京リベンジャーズ』の主題歌に起用される。自身最大キャパとなるアリーナツアー「SUPER BEAVER都会のラクダSP〜愛の大砲、二夜連続〜」を10/9(土)、10(日)に日本ガイシホール、10/20(水)、21(木)に大阪城ホール、11/6(土)、7(日)にさいたまスーパーアリーナで開催する。