部屋を覗いてみると、2体の日本人形が…“先生”が語る“あかずの間”の意味とは?/ある設計士の忌録 ②

マンガ

更新日:2021/9/24

鯛夢著の書籍『ある設計士の忌録』から厳選して全7回連載でお届けします。今回は第2回です。大好評につき再掲載!さらに第4回からは2巻『ある設計士の忌録 疫神』のストーリーも追加連載決定!! 工務店を営む“私”が仕事の上で時折出会う、安易に手出しできないブラック案件。そんなときに彼が頼るのは、不思議な力を持つ“先生”。その男は法外なギャラと引き換えに、さまざまな土地建物の秘密を解き明かしていく。“先生”が設計した“あかずの間”。建築業界での“あかずの間”は、一般的には忌み部屋だが…。

【怖い場面あり、苦手な人は閲覧注意!】

この作品のイッキ読みはこちら


ある設計士の忌録

『ある設計士の忌録』を楽天Kobo(電子)で読む >

『ある設計士の忌録』をRenta!で読む >


この記事で紹介した書籍ほか