ちぎって和えるだけ「キャベツ」のおかず&お疲れMAXな日の「卵かけごはん」アレンジ/ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

暮らし

公開日:2021/9/6

 インスタグラムで人気の著者ゆとりOL“もち”さんが一番大切にしていることは「毎日楽しく生きたい」という思い。社会人一年目だった頃は、コンロなし・水回り共用の狭い寮暮らし。ないない尽くしの環境を面白がりつつ「毎日楽しく続けられる自炊」を研究。“もち”さんが毎日の暮らしの中でゆる~く実践している、コンビニに行くよりカンタンな自炊のはじめ方から、お金をかけないひとり暮らしのアイデアなど、自分らしく「楽しく生きる」ための小さなアイデアやルールを紹介しています。

※本作品はもち著の書籍『ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール』から一部抜粋・編集しました。

『ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール』を最初から読む


ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール
『ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール コンロなし激せまキッチンでも幸せ』(もち/KADOKAWA)

コンビニに行くよりカンタンな自炊のはじめ方

一度挫折したから
“ラクで快適”に目覚めた

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

初めてひとり暮らしをした大学生時代に自炊デビュー。でもどうやればいいのかわからず、最初の1カ月で挫折してしまいました。その決定打となったのがオムライス。簡単そうと思って作りはじめたら、手際が悪くて2時間もかかってしまった…。その失敗体験が、今の“ ラクで楽しい”自炊スタイルを生むきっかけになりました。当時の私に教えてあげたい「マグカップオムライス」でリベンジ!

自炊ごはんは
安心する味でいいんだ

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

自分で作るごはんというのは、レストランの料理のように丁寧に作らなきゃいけないものでも、すごくおいしくなきゃいけないわけでもない、というスタンスです。何よりも続けられることが大切だから、優先順位は「楽>おいしい、安い、ヘルシー>>見た目」。そこそこおいしい、安心する味でいいんだなと気づきました。毎日飽きずに自分で作れてホッとできるごはんを心がけています。

食べる時間より
作る時間は短く簡単重視

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

平日働きながら作るごはんは、とにかく簡単さ重視! 調理に何時間もかかって、食べるのが15分なんて納得いかないし、全然楽しくないということは、大学時代の挫折で学び済みです。実際、キッチンのない寮暮らしでは手の込んだ料理は作れません。電子レンジだけでいかに作るかを楽しみながら研究していたら、たくさんのアイデアが生まれ、結果的に“超時短調理”のスタイルが確立しました。

無理せずやせる
お金も貯まるから続く

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

社会人になって自炊をはじめた理由のひとつに“健康になりたい”というのがありました。お肉は週末の外食で食べることにして、平日はかさのある野菜を積極的に使うことに。残業した日の遅めの食事も、サラダや具だくさん野菜スープなら、ヘルシーで罪悪感もなく満腹になれます。自然とダイエットになって無理なくやせていき、さらに1カ月の食費もおさえられていいこと尽くしに。

野菜をちぎって、和えるだけ
キャベツに自信をもらう

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

 社会人になり、コンロのない寮暮らしでスタートした自炊生活。料理は嫌いなわけじゃないけど、正直なところ苦手でした。その反面、主婦の人がキャベツを1玉買って使い切ったり、エコバッグからネギが飛び出てることに、すごく憧れも抱いていて。

 そんなある日スーパーに行った時、つい勢いでキャベツ1玉買っちゃいました! ひとりなのに、どうしよう? とりあえずキャベツちぎって塩昆布とごま油かけてみたら、うん、いける! ヘルシーだし、何よりおなかが満たされた。次はキャベツにオリーブオイルをかけてみようかな? 卵があったから合わせてみよう~。そんな風に少ない調味料を駆使して実験みたいに楽しんでいたら、いつの間にか大きなキャベツを丸っと使い切れてた。「自分、できるじゃん!」と自信をもらえた、原点のレシピです。今でもキャベツは半玉じゃなく1玉買います。

すぐできてヘルシー! おいしい!
はじまりのキャベツ

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

POINT 作りやすい量はキャベツ100gに、ごま油小さじ1、塩昆布5gを加えて、よく混ぜるのがポイント。お好みで調整してください。

ヘトヘトの日に お米食べたい…
そうだ、卵かけごはんにしよう!

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

 1日の仕事が終わって、お疲れ度MAXな日。自炊なんてとても無理だけど、コンビニ行くのすら面倒くさい…。そんな時でも、家にごはんと卵さえあれば大丈夫! ①ごはんを温める。②卵と調味料を入れて混ぜる。はい、これだけ。洗い物も少ないから、ササッと食べたら明日のために早く寝られるのもポイントです。

 一時期そればかり食べていたら、お気に入りレパートリーがいっぱいできました。しょうゆだけのシンプルで普通なのも大好きですが、ちょっとごま油をたらすのが幸せにつながります。塩×ごま油もオツな味だし、カレー粉と和風顆粒だし入れてみたら濃厚エキゾチックTKGに! 少し贅沢したい日は、シラスやおかか、アボカド漬けなど〝具〟をのせれば満足度アップ。ヘトヘトな日の自分のために、冷凍ごはんをストックしています。

アボたま丼

485kcal / ¥128

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

POINT アボカド漬けは、倍量で1個分作っておくのがおすすめ。ひと口大にカットして、調味料をあえたら、冷蔵庫で寝かせて染み染みに。

ごま油入り卵かけごはん

344kcal / ¥57

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

白だしで輝く卵かけごはん

325kcal / ¥57

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

カレー卵かけごはん

331kcal / ¥57

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

お月見卵かけごはん

366kcal / ¥69

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

シラス卵かけごはん

369kcal / ¥163

ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール

<第3回に続く>

あわせて読みたい