“閉鎖病棟”は元気になるための場所。ヨガやカラオケなど、楽しいイベントも!/マンガでわかるうつ病のリアル

マンガ

公開日:2021/9/28

 大好評につき再掲載。緊急事態宣言などによる外出制限で、環境の変化に慣れることができなかったり、職場などの人間関係がうまくいかず、無気力に過ごしてしまうーー日々の中で、「もしかしたら自分は“うつ”なのかも?」と悩み・不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。うつ病は、精神的な症状のほか、睡眠障害、疲れ、だるさ、生理不順など、人によって症状はさまざまです。重度のうつ病に5年以上苦しむも「メンヘラマッスル作家」として奇跡の復活を遂げた著者・錦山まるさんが、うつ病の「実態」と間違った「知識」をマンガでわかりやすく解説します。

※本作品は錦山まる著の『マンガでわかるうつ病のリアル』から一部抜粋・編集しました。

この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

この作品のイッキ読みはこちら


マンガでわかるうつ病のリアル

精神病院閉鎖病棟の内部ではどんなことをする?

マンガでわかるうつ病のリアル

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか