発達障害とパーソナリティ障害の関係。さまざまなリスクと向き合うために/マンガでわかるパーソナリティ障害

マンガ

公開日:2021/10/14

 精神科医が教える、性格の偏りを「個性」に変え、生きやすさを身につける鍵とは?

「パーソナリティ障害」とは、物事のとらえ方や行動の仕方が、人と比べて大きく異なる状態になること。なぜこんなに嫉妬してしまうのか? なぜこんなに失敗がこわいのか? なぜ大事な人を振り回してしまうのか? その生きづらさや悩み、不安の背景には「パーソナリティ障害」があることがわかってきました。 正しい知識を得て、対応の仕方を知ることで「パーソナリティ・スタイル」と呼ばれる個性として、その人を輝かせる魅力に変えることもできます。

発達障害がパーソナリティ障害へとつながる可能性も。根っこを改善することが生きやすくなる鍵。

※本作品は岡田尊司(監修)、松本耳子(漫画)の書籍『マンガでわかるパーソナリティ障害~もっと楽に人とつながるためのヒント~』から一部抜粋・編集しました。

マンガでわかるパーソナリティ障害~もっと楽に人とつながるためのヒント~

『マンガでわかるパーソナリティ障害 』を楽天Kobo(電子)で読む >

『マンガでわかるパーソナリティ障害 』をRenta!で読む >


あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか