日本のことわざ「馬の耳に念仏」。スリランカでは馬ではなく、全く違う意味の言葉に!/世界のふしぎなことわざ図鑑

暮らし

更新日:2021/10/15

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

著:
イラスト:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

 ことわざを通して世界の旅に出かけませんか?

少し例えるモチーフは違うけれど、世界にも同じ意味のことわざがたくさんあります。
日本の有名なことわざ「ネコに小判」が、インドでは「サルにしょうが」、フランスでは「豚にジャム」。「月とスッポン」はマレーシアでは「キュウリとドリアン」、フランスでは「昼と夜」と表現されます。

世界を旅するように、たくさんの世界のことわざにふれ、世界中の人々の暮らしぶりや考えを伝えたい――。著者のことわざ研究家・北村孝一さんが、「日本のことわざ」とよく似た意味をもつ「世界のことわざ」を紹介します。

今回ご紹介する日本のことわざは、「馬の耳に念仏」、「腐っても鯛」です。

※本作品は北村孝一:著・伊藤ハムスター:イラストの書籍『320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑』から一部抜粋・編集しました。

紙面の色味について、実際の本と色味が異なります。ご了承ください。

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑
『320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑』(北村孝一:著、伊藤ハムスター:イラスト、ことわざ学会:協力/KADOKAWA)

日本のことわざ 馬の耳に念仏

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

意味 馬を相手にありがたい念仏をいくらとなえても、むだでしょう。まともに聞く気がない人にどんなによいことを言い聞かせても、なんの効果もないことのたとえです。

用例 「きょうの授業、とても興味深かったけど、あなたの感想は?」「うーん、なんだかきょうは眠たくて、よくわからなかった」「わかりやすい講義だったのに馬の耳に念仏ね」

 

中国のことわざ

牛に向かって琴をひく

対牛弾琴

説明 牛に琴を聞かせても耳をかたむけることはなく、無視されますね。

 

韓国のことわざ

牛の耳にお経を読む

소 귀에 경 읽기

説明 日本のことわざとほぼ同じで、馬が牛に、念仏がお経になっています。

 

スリランカのことわざ

酔っ払いに説教か

බීපු මිනිහාට මොන බණද?

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

説明 相手が酔っぱらいでは、まじめに話したり忠告してもむだです。酔っぱらっていなくても、まるで聞く気がない人が相手では、まともに話して説得しようとしてもむだというたとえです。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

著:
イラスト:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日: