日本のことわざ「思い立ったが吉日」。世界ではどう表現する?/世界のふしぎなことわざ図鑑

暮らし

公開日:2021/10/22

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

著:
イラスト:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

 ことわざを通して世界の旅に出かけませんか?

少し例えるモチーフは違うけれど、世界にも同じ意味のことわざがたくさんあります。
日本の有名なことわざ「ネコに小判」が、インドでは「サルにしょうが」、フランスでは「豚にジャム」。「月とスッポン」はマレーシアでは「キュウリとドリアン」、フランスでは「昼と夜」と表現されます。

世界を旅するように、たくさんの世界のことわざにふれ、世界中の人々の暮らしぶりや考えを伝えたい――。著者のことわざ研究家・北村孝一さんが、“日本のことわざ”とよく似た意味をもつ“世界のことわざ”を紹介します。

今回ご紹介する日本のことわざは、「思い立ったが吉日」、「鶏口となるも牛後となるなかれ」です。

※本作品は北村孝一:著・伊藤ハムスター:イラストの書籍『320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑』から一部抜粋・編集しました。

紙面の色味について、実際の本と色味が異なります。ご了承ください。

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑
『320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑』(北村孝一:著、伊藤ハムスター:イラスト、ことわざ学会:協力/KADOKAWA)

日本のことわざ 思い立ったが吉日

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

意味 なにかしようと思い立ったら、その日を吉日(縁起のよい日)として、すぐ実行しなさい。よいことをするのなら、先のばししないで今日からはじめなさいとすすめています。

用例 「日記をつけようと思うんだけど、来月の一日からにしようかな」「せっかく決心したのなら、先のばししないで今日からはじめなさい。思い立ったが吉日だよ」

 

英語のことわざ

今日できることを明日に延ばすな

Never put off till tomorrow what you can do today.

説明 できるうちにやっておくにかぎりますね。

 

中国のことわざ

日を選ぶならその日にかぎる

択日不如撞日

説明 なにかしようとしたら、その日にすぐやるのがいちばんです。

 

韓国のことわざ

始めが半分だ

시작이 반이다

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

説明 いったんはじめてしまえば、半分できたようなもの。なにかをはじめようとしても自信がもてず、ふんぎりがつかない人をはげまし、後押ししてくれることわざです。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

著:
イラスト:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日: